読む 知る 学ぶ E!新聞

福島民報ができるまで

学校で広がる新聞活用

■新聞活用の授業とは・・
 新しい学習指導要領は、「言語力の充実」をすべての教科に掲げたのが大きな特徴です。文章を読み取り、文章で表現する言語力こそ、子どもたちの学力や実社会で役立つ思考力、判断力を育てる学習の基本であることを示しました。そして、そのために新聞を授業に活用することが明記されています。
 実際に小中学校で使用されている各教科の教科書には、多くの場面で新聞が登場しています。

 国語の教科書では小学4年生で取材や編集を体験する「新聞を作る」、5年生は「複数の新聞を読み比べる」、6年生で「新聞の投書と自分の考えを比べる」などが登場しました。
 社会では5年生で実際の地震を新聞はどう伝えたか、平和運動などを通した新聞社の役割などを学びます。
 理科や生活では観察した結果を読む人に伝える新聞作り、算数でも概数や百分率、歩合などの使い方を新聞から学ぶ内容が取り上げられています。

読む機会が多いほど読解力向上

■授業に新聞が使われる理由とは・・・
 経済協力開発機構(OECD)が世界の15歳の子どもたちを対象に行っている学習到達度調査(PISA)によると新聞を読む機会の多い子どもほど、総合読解力の得点が高いことが分かっています。
 日本の場合、総合読解力の得点は新聞を「週に数回」読んでいる高校一年生が最も高く534点。「月に数回」「月に1回くらい」「年に2~3回」と新聞を読む回数が少なくなると得点も下がっていきます。「まったくかほとんどない」は489点で、大きな差があります。

子どもの皆さんへ 伝次郎からアドバイス 

■子どもの頃から新聞を読むと
●読み取る力、表現する力がつきます
 読み続けることで文章が何を伝えているのか、どんな意味を持っているのかが、わかるようになります。また、日本語の正しい使い方、上手な表現方法や言葉を学ぶことができます。
●自分で考える力、判断する力がつきます
 世の中の出来事の記事を読むと、頭の中で整理しながら、関係づけて考えられるようになります。記事を読むことで、疑問や意見が芽生え、自分で考えて判断する力を養うことができます。
●いろいろな情報や知識が得られます
 新聞から地域や日本、世界で起きていること、文化やスポーツなどいろいろな情報を得ることができます。友達、家族との話題も広がり、話すことで知識はどんどん増えます。