国内外ニュース

文化・芸能

仏男優のロシュフォール氏死去

 ジャン・ロシュフォール氏(フランスの男優)フランスのメディアによると、9日までにパリの病院で死去、87歳。詳しい死因は不明だが、病気のため、8月に入院していた。 30年パリ生まれ。20代前半から舞台で演技し、その後、映画やテレビに活躍の場...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

中国の若者向け書籍100冊翻訳

 【北京共同】中国の若者に日本の社会や文化を正しく理解してもらおうと、日中両国の有識者と出版社が連携して日本の書籍を中国語に翻訳、出版する事業が100冊に達したことを記念する式典が9日、北京市内で開かれた。出席した両国の関係者は、政治的対立で日中関係が悪...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

猿之助さんが左腕骨折

 9日午後3時15分ごろ、東京都中央区銀座6丁目の新橋演舞場で、「スーパー歌舞伎2(セカンド) ワンピース」を上演していた市川猿之助さんが、舞台装置に巻き込まれけがをした。病院に搬送する際は意識があり、左腕を骨折したという。 警視庁によると...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

七代目笑福亭松喬を襲名

 落語家の笑福亭三喬さん(56)が8日、上方屈指の本格派として知られた師匠の名跡を継いで七代目笑福亭松喬を襲名し、大阪・道頓堀の大阪松竹座で襲名披露公演を開いた。 口上で、笑福亭鶴瓶さん(65)は「すごいセンスのいい落語をする。30代、40...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

篠遠喜彦氏死去

 篠遠 喜彦氏(しのとう・よしひこ=米ハワイ州在住のポリネシア考古学の第一人者)ハワイ時間4日、ホノルルの病院で老衰のため死去、93歳。関係者が明らかにした。 24年東京都生まれ。54年、カリフォルニア州へ研究に向かう途上、ハワイのビショッ...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

平等院の菩薩像、来迎仏と判明

 世界遺産・平等院(京都府宇治市)は6日、所蔵の木造聖観音菩薩立像(平安時代後期)が、元来は死者の魂を迎えに行く「来迎仏」として前傾姿勢で造られていたことが分かったと発表した。魂を迎える動きを表現した来迎仏は絵画では多いが、仏像として造ることは難しく、現...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

秀吉の自筆文書、熊本で発見

 豊臣秀吉が家臣の小出秀政に対して「部下に俸禄を与えよ」と命じた自筆文書が熊本県で見つかり、兵庫県姫路市の県立歴史博物館が6日、発表した。 文書は縦23センチ、横30センチ。「ありけんハ」という名前の下級武士に、5人を1年間養えるほどの俸禄...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

「漫画とコラボしたい」

 【ロンドン共同】ノーベル文学賞に決まった英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)=長崎市出身=は5日の記者会見で、今後の表現活動について「漫画とコラボレーション(連携)したい。新たな分野で興奮している」と述べ、文学の枠を超えた旺盛な創作意欲を見せた。5歳...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

「イシグロ作品」売り切れ相次ぐ

 長崎市出身の英国人小説家カズオ・イシグロさん(62)のノーベル文学賞受賞決定を受け、各地の書店には6日、著作を買い求める読者らが次々と訪れ、売り切れが相次いだ。 東京都千代田区の三省堂書店神保町本店では、店にあるイシグロ作品の在庫を全て特...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

「世界観に日本が影響」

 【ロンドン共同】2017年のノーベル文学賞受賞が決まったカズオ・イシグロ氏は5日午後(日本時間同日深夜)、ロンドンの自宅敷地内で記者会見し、「信じられない出来事だ。予想していなかった」と喜びを語った。「私の世界観には日本が影響している。私の一部は、いつ...[記事全文

カテゴリー:文化・芸能

s