国内外ニュース

暮らし・話題

  • Check

負担軽減?介護ロボット効果検証

厚労省、報酬改定に反映

 厚生労働省は、介護現場にロボットを導入した場合、どの程度現場の職員の負担や配置数の軽減につながるか、2017年度から効果の検証を始める。今年秋ごろに結果をまとめ、18年度の介護報酬改定に向けた議論に反映させる。

 これまで経済産業省と厚労省が、人手不足が深刻な介護現場へのロボット導入や開発を後押ししてきたが、具体的な評価は不十分だった。

 政府はロボットの中でも、職員が装着して高齢者を抱えやすくするタイプ、高齢者が歩行や排せつをしやすくする機器、ベッドから離れたことが分かる見守りセンサーを重点的に開発支援しており、これらの効果を検証する。

(カテゴリー:暮らし・話題)

暮らし・話題

>>一覧