国内外ニュース

経済

  • Check

東京円、116円近辺

材料難で様子見ムード

 11日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=116円近辺で取引された。

 午後5時現在は、前日比21銭円安ドル高の1ドル=116円04~06銭。ユーロは23銭円高ユーロ安の1ユーロ=122円52~56銭。

 午前は日経平均株価の上昇などに伴い、円売りドル買いが先行した。午後になると材料難で様子見ムードが漂った。安倍晋三首相と黒田東彦日銀総裁の会談も材料視されなかった。

 市場では「多くの投資家はトランプ次期米大統領の記者会見を前に、積極的な取引を控えた」(外為ブローカー)との声があった。

(カテゴリー:経済)

経済

>>一覧