国内外ニュース

科学・環境

  • Check

ロケット打ち上げ17日以降に

バルブ用のヘリウム漏れか

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、同日予定していた政府の人工衛星「みちびき3号機」を載せたH2Aロケット35号機の打ち上げを延期すると発表した。新たな打ち上げ日は最短でも17日以降になる見通しという。

 第1段エンジン関連のバルブを動かすヘリウムが漏れた可能性があるため。ロケットを発射場から組立棟に戻した上で、原因を詳しく調べる。

 ロケットは、12日午後1時40分に鹿児島県の種子島宇宙センターで打ち上げられる予定だった。だが、燃料の液体水素を注入した後の点検で、ヘリウムタンクの圧力が過去の平均よりも低下していることが分かった。

(カテゴリー:科学・環境)

科学・環境

>>一覧