国内外ニュース

暮らし・話題

  • Check

生活保護世帯の増加続く

7月で164万超、厚労省発表

 厚生労働省は4日、全国で生活保護を受けている世帯は7月時点で、前月から568世帯増の164万1087世帯となったと発表した。一方、受給者数は4カ月連続で減り、前月より1454人少ない212万7205人だった。厚労省は「受給者は単身高齢者を除き、減少傾向にある」としている。

 一時的な保護停止を除いて、世帯別では65歳以上の高齢者世帯が全世帯の半数以上を占め、86万3050世帯。このうち単身世帯が増加を続けており、前月比1118世帯増の78万4110世帯だった。

(カテゴリー:暮らし・話題)

暮らし・話題

>>一覧