国内外ニュース

国際

  • Check

フィリピン軍、過激派幹部を殺害

イスラム国の支部リーダー

 【マニラ共同】フィリピンのロレンザーナ国防相は16日、同国南部を拠点とするイスラム過激派アブサヤフ幹部のイスニロン・ハピロン容疑者を軍が殺害したと明らかにした。同容疑者は過激派組織「イスラム国」(IS)のフィリピン支部リーダーとされる。

 南部ミンダナオ島マラウイでは、アブサヤフと地元の過激派マウテが政府軍と交戦しており、軍が地上戦で殺害したという。指導者を失った過激派側には大きな痛手となる。マウテの創設者の一人、オマル・マウテ容疑者も殺害した。

 マラウイにハピロン容疑者が潜伏しているとの情報を軍がつかみ、5月に拘束しようとした際、市街戦に発展した。

(カテゴリー:国際)

国際

>>一覧