国内外ニュース

主要

  • Check

世界の若者7千万人失業

ILO推定、2割強がニート

 【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は20日、世界の若者(15~24歳)のうち2017年には推定7090万人が就労できておらず、失業率は約13%に達するとの報告書を発表した。就労しても25歳以上と比べ賃金などで不利な条件に置かれ「ワーキングプア(働く貧困層)に陥る例が多い」と指摘した。

 若者のうち、就労も就学も職業訓練もしていないニートは約22%と推定。特に労働市場に男女格差が残る新興国の女性に多く、ILOは各国に格差改善への努力を求めている。

 報告書によると、若者の失業者数は09年には7670万人に達した。その後、改善したが引き続き高い水準にある。

(カテゴリー:主要)

主要

>>一覧