国内外ニュース

暮らし・話題

  • Check

信号切り替え新スイッチ、警視庁

タッチパネル、多言語対応

 警視庁は横断歩道の信号を切り替える歩行者用スイッチを新開発し、8日から一部で運用を始めた。これまでは押しボタンだったが、タッチパネルを採用。訪日外国人の増加を受け、スイッチ上部にある案内板のバーコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ると、「横断する方はボタンを押してください」というメッセージが、日本語以外の11カ国語でスマホから流れる。

 警視庁交通管制課によると、押しボタンに比べ、タッチパネルは触るだけで反応するため、高齢者や子どもなど力の弱い人でも利用しやすいのが特徴。反応すると音で知らせる。

(カテゴリー:暮らし・話題)

暮らし・話題

>>一覧