国内外ニュース

主要

  • Check

G20、反保護主義へ対話と行動

米輸入制限、貿易戦争に危機感

 【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンで開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、保護主義に対抗するため関係国にさらなる対話と行動を促す共同声明を採択し閉幕した。米国が23日に輸入制限を発動するのをにらみ、各国が報復措置で応酬し合う「貿易戦争」への危機感を示した。仮想通貨がテロ資金の温床となる恐れがあるとして、悪用の防止に向け国際組織に監視を要請した。

 木原稔財務副大臣は閉幕後に記者会見し、貿易問題に関して「非常に注目度が高く、相当な時間が討議に割かれた」と強調した。

(カテゴリー:主要)

主要

>>一覧