国内外ニュース

主要

  • Check

寂聴さんの法話休止に、岩手

二戸市の天台寺、高齢に配慮

 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(95)が名誉住職を務める岩手県二戸市の天台寺で、例年5月などに行ってきた特別法話を今年は休止することが19日、関係者への取材で分かった。

 寂聴さんの秘書によると、現在、高齢に伴う体力的な理由で、京都市の自宅から長距離移動を伴う講演活動は難しいという。

 法話は寂聴さんが天台寺の住職になった1987年に始まった。住職を退いた2005年以降も名誉住職として寺を訪れ、年2~3回の法話を続けてきた。

 近年は体調不良で回数が減っていたが、ユーモアを交えた話に全国からファンが訪れ、二戸市の観光名物にもなっていた。

(カテゴリー:主要)

主要

>>一覧