国内外ニュース

社会

  • Check

不妊手術1カ所が資料保管、愛知

県の医療機関調査で確認

 旧優生保護法下での障害者らへの不妊手術問題で、愛知県は16日、県内の医療機関に不妊手術のカルテなどの保存状況について調査した結果、少なくとも1カ所が関連資料を保管していることを確認したと発表した。

 県は3月、手術の適否を審査する「県優生保護審査会」の資料を県庁で発見。60人中55人が手術を受けることを適当とされ、うち1人は手術実施を示すカルテが見つかった。残る54人が関係する37医療機関にカルテの有無などを照会していた。

 調査では審査結果がある1966~71年度中に受診した人のカルテなどを5カ所が保存しており、うち1カ所で同法に関係する資料を確認した。

(カテゴリー:社会)

社会

>>一覧