国内外ニュース

社会

  • Check

政府主催でハンセン病追悼式

厚労相、過ち二度と繰り返さない

 国の不当な隔離政策で差別を受けながら亡くなったハンセン病患者や元患者を追悼し、名誉を回復する政府主催の式典が22日、東京・霞が関の厚生労働省で開かれた。全国ハンセン病療養所入所者協議会の森和男会長らも参列し、省内にある「追悼の碑」に献花した。

 加藤勝信厚労相は式辞で「こうした歴史を二度と繰り返さない。元患者の方々の名誉回復や差別根絶に取り組む」と述べた。同省によると、全国13カ所にある国立療養所の5月1日現在の入所者は1333人。平均年齢は85・5歳で高齢化が進んでいる。

(カテゴリー:社会)

社会

>>一覧