国内外ニュース

文化・芸能

  • Check

日台共同で伊万里焼修復

自然破損、伝統技法で

 【台北共同】台湾の故宮博物院と大阪市立東洋陶磁美術館は25日、台北で記者会見を開き、同美術館から故宮博物院に貸し出し中の昨年7月に破損した江戸時代の伊万里焼「染付柳鳥文皿」について「自然破損だった」と断定、「金継ぎ」と呼ばれる日本の伝統的な技法を用いた、約1年がかりの日台共同の修復作業が完了したと発表した。

 同美術館の出川哲朗館長は「展示中に自然に割れたことはおそらく世界で初めて」と指摘。通常は元の形に戻す修復を行うが、「皿の生命が終わった」ことを踏まえ、割れた跡を金などで装飾する金継ぎにより新しい作品を創造した、と説明した。

(カテゴリー:文化・芸能)

文化・芸能

>>一覧