国内外ニュース

主要

  • Check

猛暑が個人消費押し上げ

6458億円増の可能性

 猛暑はエアコンや飲料などの売り上げ増加につながり、個人消費を押し上げる効果があるとの調査結果を三菱UFJモルガン・スタンレー証券がまとめた。平均気温が平年より2度高い状態が8月まで続けば、今年6~8月の個人消費は、平年並みの気温の場合と比べ6458億円増える可能性があるという。

 同社が、1995年以降の消費と気温などとの関係を調べ試算した。猛暑の夏には清涼飲料やビール系飲料、エアコンの販売が伸びたほか、家計の電気代も増加。個人消費全体を押し上げる効果が確認された。

(カテゴリー:主要)

主要

>>一覧