国内外ニュース

科学・環境

  • Check

追い込み漁で今季初捕獲、和歌山

ハナゴンドウ4頭

 和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を実施し、今季初めてハナゴンドウ4頭を捕獲した。漁は約半年間続く予定。県警によると解禁以降、太地町で反捕鯨団体の目立った抗議活動は確認されていない。

 町漁協によると、18日午前5時ごろ、漁船12隻が出港した。約2時間後、沖合約10キロでハナゴンドウの群れを発見し、追い込みを開始。湾内で捕獲し、午前11時ごろに帰港した。捕獲したハナゴンドウは食用となる。

(カテゴリー:科学・環境)

科学・環境

>>一覧