国内外ニュース

科学・環境

  • Check

人iPSで卵子のもと作製

京大初、不妊や生殖研究に

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用し、卵子のもとになる「卵原細胞」を作ることに初めて成功したと、京都大の斎藤通紀教授のチームが20日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。不妊症の原因究明や、生殖細胞の発生メカニズムの研究に役立てたいとしている。

 国の指針で、iPS細胞から作製した卵子と精子の受精は禁じられているが、体外での作製技術が一歩進んだ。

 チームはこれまで、マウスのiPS細胞を利用して卵子を作り、精子と体外受精させ、マウスを誕生させることに成功した。人のiPS細胞から、精子や卵原細胞のもとになる「始原生殖細胞」とみられる細胞も作っている。

(カテゴリー:科学・環境)

科学・環境

>>一覧