国内外ニュース

暮らし・話題

  • Check

東大「公平・公正に課題」

英語民間試験

 東大は26日、2020年度に始まる「大学入学共通テスト」で導入される英語の民間検定試験について、受験生からの成績提出を必須としないとの初年度の基本方針を正式に発表した。「公平・公正という観点から多くの課題が残され、受験生が安心して受けられない」ことを理由としたが、文部科学省や大学入試センターの入試制度全体への責任体制に見通しが立ったとして出願要件の選択肢の一つに採用する。

 基本方針では、出願要件として、語学力の国際標準規格「CEFR(セファール)」で下から2番目の「A2」(英検で準2級~2級相当)以上に相当すると示すよう求めた。

(カテゴリー:暮らし・話題)

暮らし・話題

>>一覧