国内外ニュース

国際

  • Check

IOC、台湾の住民投票に警告

「中華台北」の呼称変更要求で

 【台北共同】国際オリンピック委員会(IOC)は19日までに、東京五輪で台湾代表が「中華台北」ではなく「台湾」の名で出場することに賛同を求める24日実施の住民投票について、五輪憲章違反の疑いがあるとする3度目の警告文を台湾当局に送った。賛成多数になれば、五輪参加資格が停止される可能性が高まった。

 台湾メディアによると、警告文は「中華台北」の呼称は1981年の協議で確定しており変更は不可能と強調。各国・地域のオリンピック委員会(NOC)の活動を阻害する場合、NOC資格の取り消しや停止ができるとする五輪憲章の規定に、住民投票が抵触する可能性があるとしている。

(カテゴリー:国際)

国際

>>一覧