国内外ニュース

社会

  • Check

ヘイトスピーチ対策、早期改定を

川崎市の諮問機関トップ

 川崎市長の諮問機関「ヘイトスピーチに関する部会」の部会長を務める阿部浩己・明治学院大教授(国際法)は、11日までに取材に応じ「市の施設利用を事前規制する現在のガイドラインでは、きちんとヘイトに向き合えない」と述べ、実効性を高めるため早期改定の必要性を訴えた。

 ガイドラインは3月、京都府と共に全国に先駆け制定された。今月2日、以前に不適切な発言があったと指摘された団体の施設利用申請に対し、差別的言動をしないよう警告した一方、利用は許可した。福田紀彦市長は「適切な対応」と評価したが、阿部教授はガイドラインに構造的な問題があるとしている。

(カテゴリー:社会)

社会

>>一覧