国内外ニュース

経済

  • Check

グーグル、新たな欠陥判明

5千万人超の情報流出恐れ

 【ニューヨーク共同】米グーグルは10日、交流サイト「グーグル+(プラス)」で新たな欠陥が見つかり、約5250万人の利用者情報が外部流出の恐れがあったと発表した。グーグル+の個人向けサービスの終了時期を来年4月に早める方針も明らかにした。

 グーグルは今年10月、最大50万人の個人情報が外部流出する恐れがあったと発表し、グーグル+の個人向けサービスを来年8月末までに終了する方針を示していた。

 グーグルによると、今回外部に流出する恐れがあったのは名前や電子メールのアドレス、職業、年齢など。今年11月にソフトを更新した際の欠陥で、その後修正したという。

(カテゴリー:経済)

経済

>>一覧