国内外ニュース

社会

  • Check

愛知女性、死因は出血性ショック

豊川市の殺害事件

 愛知県豊川市のアパートでブラジル国籍のアルバイト、マキモリ・クラウヂア・マユミさん(40)が殺害された事件で、県警は18日、司法解剖の結果、マキモリさんの死因は頸静脈を切られたことによる出血性ショックで、16~17日ごろに死亡したとみられると明らかにした。

 県警によると、首には片刃の鋭利な刃物による傷があった。頭には鈍器で殴られたような傷が複数あり、骨折していた。手にも若干の皮下出血があったが、防御創かどうかは不明。現場に凶器とみられるものは見つかっていないという。

 マキモリさんは夫と息子の3人暮らし。

(カテゴリー:社会)

社会

>>一覧