国内外ニュース

経済

政府、増税影響緩和の検討会設置

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、19年10月に予定する消費税率10%への引き上げに関し、景気への悪影響を緩和するための対策を話し合う検討会を13日付で設置し、初会合を開くと発表した。増税前後で駆け込み需要とその反動が想定されるため、消費の落ち込みを...[記事全文

カテゴリー:経済

日本郵政、正社員の一部手当廃止

 日本郵政が、転居を伴う転勤が原則としてない正社員(約2万人)のうち約5千人に支給している住居手当を10月に廃止することが13日、分かった。現支給額の10%を毎年減らし、10年間でなくす経過措置を設ける。今春闘では、非正規の期間雇用社員に1日当たり4千円...[記事全文

カテゴリー:経済

東京円、107円台前半

 13日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台前半で取引された。 午前10時現在は、前日比43銭円安ドル高の1ドル=107円33~34銭。ユーロは11銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円33~34銭。 米国によるシ...[記事全文

カテゴリー:経済

東証、189円高

 13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前日終値比189円14銭高の2万1849円42銭となった。[記事全文

カテゴリー:経済

NY円、107円前半

 【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比57銭円安ドル高の1ドル=107円30~40銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2321~31ドル、132円25~35銭だった。 シリア情勢を巡る緊迫度がやや...[記事全文

カテゴリー:経済

米国内業者が懸念表明

 【ワシントン共同】米議会の下院歳入委員会は12日、中国などとの貿易摩擦に関する公聴会を開いた。大豆生産者団体の代表が「最大の顧客である中国への輸出が減りうる」と述べるなど、国内の業者団体が相次いで懸念を表明した。 トランプ米政権が知的財産...[記事全文

カテゴリー:経済

NY株反発、293ドル高

 【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅反発し、前日比293・60ドル高の2万4483・05ドルで取引を終えた。シリア情勢を巡る緊迫度がやや後退し、投資家がリスク志向を強め、買い注文が広がった。 米主要...[記事全文

カテゴリー:経済

NY原油続伸、67ドル台

 【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク原油先物相場は4日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが前日比0・25ドル高の1バレル=67・07ドルと、2014年12月以来約3年4カ月ぶりの高値で取引を終えた。 朝方は外国為替市場で...[記事全文

カテゴリー:経済

VWトップにディース氏

 【ベルリン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は12日、ミュラー会長が同日付で退任し、監査役会が後任にVWの乗用車ブランドのトップを務めるヘルベルト・ディース氏(59)を指名したと発表した。排ガス規制逃れ問題でディーゼルエンジン車の信用が失...[記事全文

カテゴリー:経済

韓国のバルブ課税は違反

 世界貿易機関(WTO)は12日、韓国が日本製バルブに課している反ダンピング(不当廉売)関税はWTO協定に違反するとの報告書を公表した。関税は不当として提訴した日本の主張をほぼ支持。韓国企業に及んだ損害や因果関係の説明に問題があると認め、韓国に是正を勧告...[記事全文

カテゴリー:経済

s