国内外ニュース

経済

女性就業最高、7割迫る

 総務省が31日発表した7月の労働力調査によると、15~64歳の女性に占める就業者の割合が69・9%となり、比較可能な1968年以降で最高だった。景気回復による企業の採用意欲の高まりなどで働く女性が増えたことが要因とみられる。男性の就業率は83・7%。[記事全文

カテゴリー:主要

アップル、9月12日発表会

 【ニューヨーク共同】米アップルは30日、新製品の発表会を9月12日午前10時(日本時間13日午前2時)から、カリフォルニア州クパチーノの新本社で開くと明らかにした。報道関係者に案内文を送った。主力製品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新...[記事全文

カテゴリー:経済

NY円、111円近辺

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比68銭円高ドル安の1ドル=110円95銭~111円05銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1666~76ドル、129円48~58銭だった。 米中貿易摩擦の激化...[記事全文

カテゴリー:経済

アルゼンチン金利60%に

 【リオデジャネイロ共同】南米アルゼンチンの中央銀行は30日、通貨ペソの下落が続いていることを受け、政策金利を15%引き上げて60%とする緊急利上げを発表した。異例の高利率でペソ安を食い止める狙いだが、ペソは一時、1ドル=41ペソ超と史上最安値を更新した...[記事全文

カテゴリー:経済

NY株、5日ぶり下落

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに下落し、前日比137・65ドル安の2万5986・92ドルで取引を終えた。米中貿易摩擦激化への懸念が高まり、幅広い銘柄が売られた。 米国が中国製品に対して...[記事全文

カテゴリー:経済

NY株、反落

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、午前10時現在は前日比63・09ドル安の2万6061・48ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は17・74ポイント安の8091・95。 米国が年2...[記事全文

カテゴリー:経済

米物価、6年ぶり高水準

 【ワシントン共同】米商務省が30日発表した7月の個人所得・消費統計(季節調整済み)によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月から2・3%上昇し、上昇率は2012年3月(2・4%)以来、6年4カ月ぶりの高水準となった。6月の伸び率(2・2%)から...[記事全文

カテゴリー:経済

NY円、111円前半

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比26銭円高ドル安の1ドル=111円37~47銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1677~87ドル、130円16~26銭。 トルコなどの新興国の通貨が売られ...[記事全文

カテゴリー:経済

日中、反保護主義で一致

 【北京共同】麻生太郎副総理兼財務相は30日、訪問先の北京で、中国の財政担当である韓正筆頭副首相、米中貿易交渉や金融分野を担当する劉鶴副首相らとそれぞれ会談した。会談後に記者団の取材に対し、トランプ米政権を念頭に「保護主義的な貿易政策はどの国も利さないと...[記事全文

カテゴリー:経済

総務省、電波価格競争最優先せず

 総務省の有識者懇談会は30日、電波制度改革で、事業者に周波数を割り当てる際に電波オークションなどで価格競争を最優先する制度の導入を見送る提言をまとめた。7月に提言案を公表し、政府の規制改革推進会議から価格競争が働かないと批判されたが、大幅な修正は加えな...[記事全文

カテゴリー:経済

s