国内外ニュース

医療・健康

体内に医療器具置き忘れ

 神奈川県の茅ケ崎市立病院は26日、卵巣摘出などの手術をした同市の70代女性の体内に医療器具のへらを置き忘れる医療事故があったと発表した。20日後に再手術で取り出したが、女性は置き忘れが原因の腸閉塞で入院。容体は安定している。 病院によると...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

出産直後の抱っこに注意

 生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするときは顔を横に向けてあげて、お母さんは体を起こす―。出産直後のベッドで母親が子どもを抱く「早期母子接触」の間に子どもの体調が急変し、脳性まひになる例があることを踏まえ、日本医療機能評価機構(東京)が予防のためのリーフ...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

病気腎移植、継続審議に

 がんなどで摘出した腎臓の病変部を除去し、別の患者に移植する「病気腎移植」について、厚生労働省の審査部会は25日、腎臓を丸ごと摘出する基準が不明確だとして、医療費の一部を保険診療とする「先進医療」への指定の可否を継続審議とすることに決めた。...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

甲状腺検査縮小も検討を

 東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べるため、福島県が県内の全ての子どもを対象に実施している甲状腺検査を巡り、県小児科医会(太神和広会長)が25日、検査規模の縮小を含め、検査の在り方を再検討するよう県に要望した。 小児科医会は、これまで...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

沖縄でレプトスピラ症10人

 沖縄県は25日、人が感染すると、腎障害を引き起こす恐れのある感染症「レプトスピラ症」と診断された患者が6月以降に県内で10人に上ったと発表した。夏休みに沖縄本島などで川遊びをした際に感染した可能性が高く、注意喚起している。 10人は10~...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

頸がんワクチン追跡調査を

 薬害被害者団体でつくる「全国薬害被害者団体連絡協議会」は24日、予防接種後の長引く痛みなどが報告されている子宮頸がんワクチンについて、定期接種見直しや被害者の救済拡大、接種を受けた全員の追跡調査を求める要望書を塩崎恭久厚生労働相に手渡した。[記事全文

カテゴリー:医療・健康

食物アレルギー、親が判断

 食物アレルギーを引き起こす可能性がある食べ物を、親が医師の指示を受けずに0~6歳児に制限しているケースが42・1%に上ることが24日、厚生労働省の「2015年度乳幼児栄養調査」で分かった。 同省は「素人判断では栄養が偏ることもある。医師の...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

女性の自閉症患者にも安全

 福井大などの研究チームは23日、対人関係が苦手な自閉スペクトラム症の症状を改善するとされるホルモン「オキシトシン」の臨床試験の成果を米科学誌電子版に発表した。チームによると、同様の研究で初めて女性患者の子宮の状態やホルモン値を観察。女性にも安全に使用で...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

小児医療の電話相談強化へ

 厚生労働省が、子どもの病気やけがに関する医療相談を受け付けている「小児救急電話相談事業」を通じて集めた情報について、一元的に集約するデータセンターを設置する方向で検討していることが22日、分かった。相談内容を検証して事業を改善し、対応の強化を図る狙い。...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

臓器移植者のエッセー募集

 アステラス製薬は22日、臓器移植を受けた人から健康維持の取り組みに関するエッセーを募集すると発表した。移植後の運動や食事の重要性を周知するのが狙い。 9月1日から25日までインターネットで受け付ける。日本語以外の言語でも応募可能。エッセー...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s