国内外ニュース

医療・健康

延べ1万人超に無断採血、大阪

 大阪市は20日、市の集団健診を委託した社会医療法人愛仁会の総合健康センター(大阪府高槻市)が、受診者延べ1万1479人に対し、必要のない貧血検査用の追加採血を本人に無断で行っていたと発表した。大阪市以外の自治体でも同様の事例があるといい、同法人が調べて...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

インフル患者99万人

 厚生労働省は20日、今月9日~15日の1週間にインフルエンザで医療機関を受診した患者は全国で約99万人に上ったとする推計を発表した。全国約5千の定点医療機関からの報告を基に算出した。前週の約81万よりもさらに増え、厚労省の担当者は「流行が拡大している。...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

熊本県の移動制限区域解除

 熊本県は19日、高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認された同県南関町の養鶏場から、半径3キロ圏内に設定した移動制限区域を解除した。鶏と卵の出荷が可能となり、周辺の道路に6カ所設けた消毒ポイントも順次撤去する。 蒲島郁夫知事はこれに先立ち...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

無精子症の関係遺伝子特定

 不妊症の原因の一つである無精子症に関わっている遺伝子を、中部大(愛知県春日井市)と近畿大、九州大の研究グループがマウスを使った実験で特定し、米科学誌電子版に18日発表した。 中部大の上田潤助教(生殖生物学)は「謎だった無精子症の原因解明の...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

インフルで患者3人死亡、松山

 松山市の野本記念病院は17日、入院患者と職員の計34人がインフルエンザに集団感染し、うち51~99歳の男女の患者3人が死亡したと発表した。 病院によると、入院患者24人と看護師や介護士ら職員10人が今月8日から17日にかけ、相次いで高熱な...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

梅毒、74年以来の4千人超

 性行為などで感染する梅毒の昨年1年間の患者報告数が4518人に上ったことが、国立感染症研究所の集計で17日までに分かった。4千人を超えたのは1974年以来。20代女性の感染が増加しており、厚生労働省は「不特定多数との性交渉など感染の可能性がある人は早期...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

特養、全国で半数近くが人手不足

 全国の特別養護老人ホーム(特養)を対象に独立行政法人福祉医療機構が実施したアンケートで、職員が不足しているとの回答が46・9%、足りているが53・1%だったことが17日、分かった。不足と回答した特養のうち1割で、併設施設も含めた利用者の受け入れ制限をし...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

オプジーボの効果増強か

 新型がん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)と同じような働きを持つ抗体に特定の高脂血症薬を加えて使うと、治療効果が高まることがマウスを使った実験で分かったと、京都大の本庶佑客員教授のチームが16日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。[記事全文

カテゴリー:医療・健康

温泉33カ所で基準超の硫化水素

 環境省が全国の温泉施設の硫化水素ガス濃度を調べたところ、5道県市の33浴槽で国の基準値を超えていたことが16日、同省への取材で分かった。同省は常に換気することを明記するなど、指針の改正を検討している。 北海道足寄町の温泉施設(休業中)で2...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

鳥インフル、周辺農場の検査実施

 岐阜県山県市の養鶏場で死んだ鶏が高病原性鳥インフルエンザと判明したことを受け、岐阜県は15日、他に感染例がないか調べるため、周辺の農場の立ち入り検査を始めた。養鶏場で飼育していた8万羽の殺処分も16日午前0時50分に完了した。 県は養鶏場...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s