国内外ニュース

医療・健康

ドローン使い血液運搬、広島大

 小型無人機「ドローン」を使い、検査する血液を運ぶ実験を広島大やNTTドコモなどのチームが15日、広島県の離島・大崎上島で実施した。 同県は島しょ部や山間部が多く、チームによると、周辺に医療機関がない無医地区が全国で2番目に多いとのデータが...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

医師数が31万9千人で最多更新

 2016年末時点の医師の総数は31万9480人で過去最多だったことが14日、厚生労働省が発表した「医師・歯科医師・薬剤師調査」で分かった。調査は2年ごとに実施され、前回比で2・7%(8275人)の増加。9人減の山形、4人減の山口を除く45都道府県で増加...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

化血研、主要事業の譲渡発表

 血液製剤の未承認製造問題を受け、国から事業譲渡を求められていた化学及血清療法研究所(化血研、熊本市)は12日、明治グループと熊本県内の企業、県が共同出資する会社に主要事業を譲渡すると発表した。 12日に開いた理事会に譲渡案を提示し、承認さ...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

薬剤師14人を行政処分

 厚生労働省は12日、業務上横領罪で有罪判決を受けるなどした薬剤師12人を1カ月~3年間の業務停止とし、人身事故を起こした2人を戒告とした。C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品を仕入れた薬局に勤務していた奈良県の女性薬剤師(54)も含まれる。26日に発効...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

血液がん、新型療法で症状安定

 【ワシントン共同】患者の免疫細胞に、がんへの攻撃力を増すよう遺伝子操作を加えて体内に戻す新型の免疫細胞療法で、血液がん「B細胞リンパ腫」の再発患者らの約4割で症状が改善、安定した状態を長期にわたって維持できたとする臨床試験結果を、米ペンシルベニア大など...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

屋内の完全禁煙を要望

 広さ150平方メートル以下の飲食店での喫煙を例外的に認める受動喫煙対策を厚生労働省が検討していることを受け、医学系の学会や肺がん患者会など261団体が8日、屋内の完全禁煙を求める声明文を厚労省に提出した。 声明では、対策に例外をつくると「...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

医師の地方勤務で優遇措置

 医師が都市部などに集中する偏在の解消に向け、厚生労働省は8日、医師が少ない地域で一定期間勤務した場合の優遇措置案を明らかにした。一部の医療機関で管理者になる際の評価項目に加えるほか、国の「認定医師」として活動できる制度を提案。厚労省はほかに、都道府県に...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

患者数に応じ透析報酬下げ

 厚生労働省は8日、腎臓病の患者に対する人工透析について、患者数や医療機器の数などが一定数を超えた場合には、2018年度に診療報酬を引き下げる方針を固めた。一部の医療機関が過剰な治療で利益を上げているとみられることから、適正化を図る狙い。同日の中央社会保...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

薬害C型肝炎救済5年延長

 血液製剤フィブリノゲンなどの投与でC型肝炎に感染した被害者給付金の請求期限を、2023年1月まで5年間延長する改正薬害肝炎救済法が8日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。年内に公布され、施行される見込み。 被害者は国を相手に訴訟を...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

ゲノム編集技術で血液病治療

 【ワシントン共同】スイスの医療ベンチャー「クリスパー・セラピューティクス」は7日、遺伝子を自由に改変できるゲノム編集技術を使い、遺伝性の血液病サラセミアの治療を目指す臨床試験を欧州で申請したと発表した。来年にも開始したいとしている。 サラ...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s