国内外ニュース

医療・健康

トクホで初の許可取り消し

 消費者庁は23日、特定保健用食品(トクホ)の販売業者から含有成分の表示が不適切だったとの申し出に基づき、この業者が扱う6商品のトクホの許可を取り消した。消費者庁によると、トクホ制度が1991年に始まって以降、許可取り消しは初。同庁は6商品に関し「安全性...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

患者情報27万5千件紛失、大阪

 地方独立行政法人大阪府立病院機構が運営する急性期・総合医療センター(大阪市)は23日、患者の名前や病名など約27万5千件の個人情報が記録されたUSBメモリー1個を紛失したと発表した。 同センターによると、USBメモリーには、2015年7月...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

新薬開発にAI活用、厚労省

 がんや生活習慣病などの治療薬を効率的に作り出すことを目指し、厚生労働省が人工知能(AI)を利用した新薬開発に乗り出すことが23日、分かった。来年度予算に3億5千万円を要求している。 国立研究開発法人の医薬基盤・健康・栄養研究所(大阪府)が...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

工場の7人がぼうこうがん

 厚生労働省は21日、国内にある同一の化学工場で、従業員と退職者計7人がぼうこうがんを発症していたと発表した。うち5人は、発がん性があるとされる物質「MOCA(モカ)」を取り扱っていたことがあり、原因となった可能性がある。工場の名称や所在地は明らかにして...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

千葉の看護師、麻酔薬盗む

 千葉県船橋市は20日、市立医療センターに勤務する30代の女性看護師が8~9月、麻酔薬や向精神薬を計8回盗み出し、自宅で投与していたと発表した。自宅で麻酔薬を使って一時意識不明になったという。センター側は「他人に薬を渡した形跡はない」としている。...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

カンボジアに日本式病院

 【プノンペン共同】日本医療の海外展開の一環として日本政府が設立を支援してきたカンボジアの病院が首都プノンペンに完成し、20日にフン・セン首相らが出席して開院式典が開かれた。 「サンライズジャパン病院」で、北原国際病院(東京都八王子市)など...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

ベルギーで未成年安楽死

 【ウィーン共同】ベルギー紙ニュースブラット(電子版)は17日、同国で初めて未成年の安楽死が実施されたと伝えた。ベルギーは2014年、医師による安楽死を未成年にも認める法律を施行。年齢制限がない点で世界初の法律とされる。 隣国オランダも未成...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

小児甲状腺がんシンポ、福島事故

 東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんとなった子どもの治療費を支援する「3・11甲状腺がん子ども基金」は17日、東京都内で設立記念シンポジウムを開いた。会場では当事者の「患者同士が関わり合うなどのサポート態勢がなく不安が深まった」との声を紹介し、支援を...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

父の精子で173人誕生

 長野県の諏訪マタニティークリニック(根津八紘院長)は17日、過去20年間に夫の実父(妻の義父)から精子提供を受けて体外受精した夫婦から計173人の子どもが生まれたと発表した。 いずれも夫が精子を持たない無精子症のケース。こうした夫婦は増え...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

歯少ないと閉じこもり倍に

 残った歯が少なく、入れ歯も使わない高齢者は、歯が20本以上残る高齢者と比べて「閉じこもり」状態になるリスクが2倍近い―。東北大の相田潤准教授(歯科公衆衛生学)らが、こんな調査結果を発表した。会話や食事をためらいがちになるほか、栄養状態の低下で体力が落ち...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s