国内外ニュース

医療・健康

新たに2人、肺がんと診断

 東京都杉並区の河北健診クリニックが受託していた区の肺がん検診でエックス線検査を受けた40代女性の肺がんが見落とされ、その後死亡した問題で、クリニックのエックス線検査で問題がないとされた人のうち、新たに2人が肺がんと診断され、1人に肺がんの疑いがあること...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

勤務医、残業上限を年960時間

 医師の働き方改革を巡り、2024年4月から勤務医に適用となる残業時間の上限規制について、厚生労働省が将来的な上限を「年960時間」とする方向で検討を進めていることが12日、関係者への取材で分かった。地域医療提供体制の維持や技能向上を理由に、より長い上限...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

患者13人から耐性球菌、奈良

 奈良県生駒市の近畿大医学部奈良病院は12日、50~80代の入院患者13人から特定の抗生物質が効かないバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)を10~12月にかけて検出したと発表した。遺伝子を調べたところ院内で感染した可能性がある。うち4人は、胃がんや胆管がん...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

心臓病手術へ募金訴え

 南太平洋のバヌアツ在住で重い心臓病のタキフ・ワレちゃん(6)が神戸市内の病院で手術を受けるために今月来日し、母親のアマンダさん(38)が12日、募金への協力を求めて兵庫県庁で記者会見した。アマンダさんは「日本の皆さんが助けてくれると信じている」と訴えた...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

唾液のにおいで口腔がん検出

 北九州市立大と九州歯科大(北九州市)の研究グループは10日、唾液に含まれるにおいを持つ成分から、口腔がんを見つける技術を開発したと発表した。専門誌の電子版に掲載された。がん患者と健康な人の唾液に含まれる特徴的なにおい成分の違いを確認したという。簡単で迅...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

大阪でも子ども受動喫煙防止条例

 住居、自動車の中といった生活空間や通学路、病院などの公共空間で18歳未満の子どもに受動喫煙をさせないよう求める「大阪府子どもの受動喫煙防止条例」が10日、府議会本会議で全会一致で可決、成立した。府民に限らず府内への通勤者や滞在者も対象となるが、努力義務...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

心臓病に対応の医療体制を整備

 心臓病や脳卒中などに、迅速かつ適切に対応できる医療体制を全国に整備し、研究の推進を図る循環器病対策基本法が、10日の衆院本会議で可決、成立した。 心臓病と脳卒中は、がんに次いで日本人の死因の上位で、寝たきりなど介護が必要になる主な原因の一...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

子宮移植、日本医学会で議論

 日本産科婦人科学会は8日、生まれつき子宮がない女性に第三者の子宮を移植する慶応大の臨床研究の計画について、さまざまな医学系学会が加盟する日本医学会で検討する方針になったと発表した。 この治療は妊娠出産が目的だが、安全性や倫理面の課題につい...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

社会保障費、自然増を圧縮へ

 政府は2019年度予算案で、高齢化による社会保障費の自然増を5千億円弱に抑える方向で調整に入った。8月の概算要求時点では自然増を6千億円と見込んでいたが、薬の公定価格である薬価の引き下げなどで1千億円超圧縮できる見通しとなった。具体額は財務省と厚生労働...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

震災津波、家屋被害で骨密度低下

 東北大は5日、東日本大震災の津波で家屋に大きな被害を受けた人の加齢に伴う骨密度の低下は、被害がなかった人より大きくなる傾向があると発表した。宮城県内の住民を対象に実施した2013~15年度の第1次健康調査と17年度の第2次調査で、約7700人分の結果を...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s