国内外ニュース

医療・健康

高額な薬、費用対効果を評価

 厚生労働省は25日、高額な薬の価格に費用対効果を反映させる新制度について、寿命を1年延ばすのに既存薬より500万円以上多くかかる場合、価格引き下げの対象にする案を中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)に正式に示した。 厚労省は...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

ポリオ感染、昨年37人のみ

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は24日、かつて日本でも大流行したポリオ(小児まひ)について、予防接種の普及により2016年の感染者は37人まで減少したと発表した。史上最も少ない年間感染者数で「根絶に向けて期待できる兆候」(WHO当局者)として...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

文科省、動物で人の臓器作製容認

 動物の体内で人の臓器を作る研究について、文部科学省の専門委員会は24日、適切なルールや厳格な管理体制の下であれば「基礎研究に限り容認し得る」とする見解をまとめた。主に病気の人に移植する臓器の作製を目指す研究だが、現時点では安全性に懸念があり、作った臓器...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

1年延命5百万円以上で薬価下げ

 厚生労働省は24日、高額な新薬の公定価格(薬価)に「費用対効果」を反映させる新たな制度で、既存の薬と比べ1年間の延命に500万円以上多くかかる場合は薬価の引き下げ対象とする方針を固めた。医療費抑制策の一環で2016年度から試行的に導入しており、効果に見...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s