国内外ニュース

医療・健康

尿作る組織、日本人少ない

 日本人の腎臓は、尿を作るために重要な「ネフロン」という組織の数が少ない傾向がみられると、東京慈恵医大などのチームが5日付米医学誌に発表した。ネフロンが少ないと高血圧や慢性腎臓病になるリスクが高まるといい、日本人に慢性腎臓病患者が多いことと関連していると...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

気管切開、戸惑わないで

 病気や障害で呼吸がうまくできず、のどに穴を開ける「気管切開」が必要な子どもを持つ家族のために、国立成育医療研究センター(東京)が総合情報サイト「子どもの気管切開なび」を開設した。手術方法やたんの吸引など医療的ケアの仕方、生活の留意点などを写真とともに分...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

治療内容の公表義務づけ

 他人の臍帯血が無届けで移植された事件を受け、厚生労働省は4日、再生医療の計画を国に届けた医療機関に、治療内容の詳細を公表するよう義務づけることを決めた。患者が治療を受ける際の参考材料になると判断した。 再生医療安全性確保法の施行規則を改正...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

福島・広野町の高野病院に新院長

 東京電力福島第1原発事故後も避難せず、診療を続けた院長が昨年末に死去した福島県広野町の高野病院の新たな院長に、広島県内の病院に勤務していた医師が今月1日就任したことが4日、病院への取材で分かった。 病院によると、新院長は河合義人医師(66...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

前橋、O157で40代男性死亡

 前橋市は3日、腸管出血性大腸菌O157に感染した市内の40代男性が溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症して死亡したと明らかにした。男性の周辺で他に感染者はおらず、感染経路は不明としている。 市によると、8月30日に血便などの症状を訴え医療機...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

未承認のがん免疫療法を調査

 厚生労働省は3日、人間の免疫力を利用する「がん免疫療法」を巡り、国の承認を受けていない治療を全国のがん診療連携拠点病院がどれくらい行っているか調査すると発表した。 主ながん治療は、抗がん剤を用いる化学療法、放射線照射、手術の三つ。免疫療法...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

体内時計にノーベル医学賞

 【ストックホルム共同】スウェーデンのカロリンスカ研究所は2日、2017年のノーベル医学生理学賞を、生物の体内時計の仕組みを発見した米ブランダイス大のジェフリー・ホール名誉教授(72)ら米国人3人に授与すると発表した。 人を含む動物や植物は...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

スマホアプリで禁煙治療

 慶応大と医療ベンチャー「キュア・アップ」(東京)は2日、禁煙を支援するスマホアプリを利用してニコチン依存症を治療する治験を月内に始めると発表した。治療用アプリの治験は日本初という。2年後の保険適用を目指す。 同社などは、禁煙ガイドラインや...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

乳がん撲滅願いライトアップ

 乳がんの正しい知識の広がりや早期検診の促進を訴え、撲滅を目指すピンクリボン運動の一環として、乳がん月間が始まった1日、兵庫県姫路市の世界遺産で国宝の姫路城が、乳がんに向き合う希望の色とされるピンクにライトアップされた。 姫路城近くの公園で...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

バイエル薬品に改善指導、厚労省

 大手製薬会社「バイエル薬品」(大阪市)が血栓症治療薬「イグザレルト」などの副作用報告を怠っていた問題で、厚生労働省は29日、医薬品医療機器法違反に当たるとして、再発防止のための改善措置を取るよう文書で指導した。 厚労省によると、イグザレル...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s