国内外ニュース

医療・健康

がん拠点に医療事故部門

 全国に400カ所以上指定されているがんの拠点病院の要件に、医療事故防止部門の設置が新たに追加されたことが30日、厚生労働省への取材で分かった。31日付で都道府県に通知する。群馬大病院などの拠点病院で医療事故が相次いだのを受けた措置。全国に15施設ほど指...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

メタボ健診、51%止まり

 厚生労働省は30日、生活習慣病を予防するため40~74歳を対象に行う特定健康診査(メタボ健診)の2016年度の実施率が51・4%だったと発表した。前年度から1・3ポイント上昇したが、政府が目標に掲げる70%に遠く及ばなかった。 メタボ健診...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

8月から介護に3割自己負担

 8月1日から所得の高い高齢者を対象に、介護保険サービス利用の自己負担が2割から3割に引き上げられる。厚生労働省の推計では、負担増となるのは利用者全体の3%弱に当たる約12万人。何割負担かを記した「負担割合証」を市区町村が送付しているが、「なぜ自分が3割...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

7割がゲノム編集容認、米調査

 【ワシントン共同】米世論調査機関のピュー・リサーチ・センターは27日までに、先天的な病気を治療するために赤ちゃんに「ゲノム編集」の技術を使うことを容認できると考える人が、米国で72%に上ったとする意識調査結果を発表した。「頭を良くする」など赤ちゃんの能...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

第三者提供卵子で新たに3人出産

 第三者から無償で提供された卵子を使い、自分の卵子がない不妊の女性3人が新たに3人出産したと、神戸市のNPO法人「卵子提供登録支援団体」が27日、千葉市で開かれた日本受精着床学会で発表した。この団体は昨年3月に1例目の出産を発表しており、計4人が同団体の...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

「太る効果」のサプリ根拠なし

 消費者庁は25日、「太る効果がある」とうたうサプリメント「ファティーボ」に合理的な根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、販売する健康食品販売会社Life Leaf(東京)に再発防止を求める措置命令を出した。 同庁表示対策課...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

コンゴのエボラ熱終息宣言

 【ヨハネスブルク共同】アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)の保健省は24日、北西部の赤道州で5月以降に流行したエボラ出血熱が終息したと宣言した。6週間にわたり新たな感染者が出なかったという。ロイター通信が報じた。  世界保健機関(WHO)によ...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

中国、不適合ワクチンで世論激怒

 【北京共同】中国で、国の販売基準に適合しない予防効果不明の混合ワクチンが大量に流通、数十万人の子どもらが接種していたことが発覚し、衝撃が広がっている。中国では違法薬品が市場に出回る事案が後を絶たない。今回は子どもの命に関わりかねないため、親らの怒りが爆...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

新潟大がiPS創薬で連携

 新潟大医学部と、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療研究を支援する企業「iPSポータル」(京都市)が23日、創薬研究などでの連携協定を結んだ。膵臓がんなど治療が困難とされる病気の治療法開発に取り組む。 協定では、同社がiPS細胞...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

滋賀で6歳未満男児が脳死

 日本臓器移植ネットワークは21日、滋賀県の近江八幡市立総合医療センターに低酸素脳症で入院していた6歳未満の男児が同日午前10時19分、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表した。6歳未満の脳死が公表されるのは9例目で、法的脳死は540例目。家族が臓器...[記事全文

カテゴリー:医療・健康

s