国内外ニュース

暮らし・話題

室蘭―宮古にフェリー就航

 北海道室蘭市と岩手県宮古市を結ぶ川崎近海汽船(東京)のカーフェリーが22日、新たに就航し、初めての便が宮古港から出航した。岩手県では初の定期航路となり、観光や物流を促進し、東日本大震災からの復興の後押しになるとの期待がかかる。1日1往復する。[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

ヨガの日、インドで5万人ポーズ

 【ニューデリー共同】国連が定めた「国際ヨガの日」の21日、インド北部ウッタラカンド州デラドゥーンの広場で約5万人が参加する大規模なヨガのイベントが開かれ、モディ首相も参加者とともにポーズをとった。モディ氏は「ヨガの広がりが、世界とインドを近づけた」と述...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

中国・広州で日本フェア

 【広州共同】中国広東省広州市の商業施設で21日、訪日観光客の拡大や交流促進を目的に日本の観光地や文化を紹介するフェアが始まった。日中平和友好条約締結40周年を記念した事業の一つで、福島県や兵庫県など約30の自治体・企業が出展、パンフレットを配って各地の...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

思いやり運転「ハンパないって」

 「おもいやり運転ハンパないって!」。熊本県警は21日までに、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の、日本代表の初戦で勝ち越しゴールを決めた大迫勇也選手(28)の代名詞「半端ない」にちなみ、安全運転を呼び掛ける標語を県内の幹線道路の交通情報板で流し...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

法科大学院の学生募集停止

 西南学院大(福岡市)は21日、2019年度から法科大学院の学生募集を停止すると発表した。全国で最大74校あった法科大学院は、司法試験の合格率低迷に伴って志願者数が減り、廃止や募集停止が続出。西南学院大でも08年度から定員割れの状態が続いており、存続は困...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

鷹山、200年ぶり復帰へ

 京都・祇園祭で1826年を最後に巡行を休止している「鷹山」の保存会は21日、山を再建し、2022年7月の後祭巡行で約200年ぶりの復帰を目指すと発表した。来年から町内に伝わる掛け軸を入れた「唐櫃」巡行で仮復帰する。 再建する山は長さ約6メ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

働き方「人並み」と回答が6割

 「働き方は人並みで十分」。今春の新入社員を対象に実施したアンケートで、こう答えた新人が過去最高の61・6%に上ったとの結果を日本生産性本部(東京)などが21日、公表した。2013年度以降、増加傾向が続いている。「人並み以上に働きたい」は今回、31・3%...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

シドニーで日本酒の魅力アピール

 【シドニー共同】オーストラリアの最大都市シドニーで21日、日本酒の商談会が開かれ、日本全国から集まった17の酒造会社が輸入業者やレストラン関係者に日本酒の魅力をアピールした。 主催した日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、オーストラリアで...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

知床沖、シャチに歓声

 世界自然遺産の北海道・知床の沖合で、シャチが海面に姿を現し、迫力ある体格と愛嬌のある動きで観光客を楽しませている。 21日午前は、羅臼町の沖合約9キロでシャチ3頭が観光船「エバーグリーン」に近づいてきた。警戒する様子もなく、船の周囲で海面...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

フジタ没後50年展が盛況、パリ

 【パリ共同】20世紀前半のパリで活躍し、エコール・ド・パリと呼ばれた芸術家らを代表する画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886~1968年)の没後50年展がパリのマイヨール美術館で3月から開かれ、盛況が続いている。7月15日まで開催。...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

s