国内外ニュース

暮らし・話題

LED2万超、輝く輪島の棚田

 日本の棚田百選に認定されている石川県輪島市の国指定名勝「白米千枚田」を約2万5千個の発光ダイオード(LED)でライトアップするイベント「あぜのきらめき」が13日始まった。日没を迎えると、日本海に面した約千枚の棚田をピンクや金色の光が交互に照らし、幻想的...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

盗難のペルシャ文化財帰郷

 【テヘラン共同】古代ペルシャ帝国のアケメネス朝(紀元前550~同330年)時代の作品の一部とされ、イランで1930年代に盗まれた貴重なレリーフがこのほど、米国からイランに返還され、約80年ぶりに帰郷した。両国のメディアが伝えた。 専門家に...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

世界遺産の沖ノ島、社殿修復終了

 世界文化遺産となっている福岡県宗像市沖の沖ノ島で、宗像大社「沖津宮」の社殿修復が終わり、大社の神職や氏子らは13日、島内の別の場所に移していた祭神を再び迎え入れるとともに、修復を祝う神事を営んだ。 沖ノ島は、宗像市沖約60キロの玄界灘に浮...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

企業主導型保育所、閉鎖や撤退

 待機児童対策の目玉として政府が整備を進める「企業主導型保育所」を巡り、経営難のため開設から短期間で閉鎖したり、事業から撤退したりする動きが出始めていることが13日分かった。多額の助成金をあてにしたずさんな経営や、甘い見通しが主な原因だ。 ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

杉原千畝「美濃市生まれ」

 第2次世界大戦中、多くのユダヤ人難民を救った「命のビザ」で知られる外交官杉原千畝が岐阜県美濃市で生まれたと主張する同市民らが13日、出生地とされる同市の教泉寺に案内板を設置した。 杉原を巡っては、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

はげ頭に吸盤で「綱引き」

 はげ頭に吸盤を付け、結んだひもを引っ張り合う「吸盤綱引き」の第4回全国大会が13日、青森県鶴田町で開かれた。鶴田町にかけた「ツル多はげます会」の名称で、薄毛の男性を中心にユニークな活動をする団体の恒例イベント。はげしい熱戦が繰り広げられた。[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

吹奏楽部、土曜練習5時間も

 文化部活動が盛んな中学校・高校を対象とした文化庁の抽出調査で、吹奏楽部の約5割が土曜日に5時間以上活動するなど、一部で練習が長時間に及んでいることが分かった。コンクール出場に向けた準備などが理由とみられる。同庁は、生徒や教員の負担軽減のため策定中の文化...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

憧れの名字、1位は「五十嵐」

 ブライダル大手の「ワタベウェディング」(京都市)が未婚と既婚の男女を対象に結婚と名字に関するアンケートを実施すると、憧れの名字ナンバーワンは「五十嵐」だった。担当者は「漢字3文字の並びが格好良くみえる上、音の響きもいいからでは」と話している。[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

京都・仁和寺で五大明王が初公開

 真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市右京区)で13日、国宝・金堂内の色鮮やかな五大明王の壁画が初めて一般公開された。 金堂の本尊の後ろ側にある壁に、不動明王など五大明王が描かれている。普段、一般の人が入れない場所という。 金...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

2年ぶりに小鹿田焼民陶祭が開催

 大分県日田市で13日、九州北部の豪雨により昨年は中止された「小鹿田焼民陶祭」が2年ぶりに開かれた。同市源栄町の窯元10軒は全て被災したが、復旧の見通しが立ったためで、2日間にわたって国の重要無形文化財「小鹿田焼」の陶器を展示、販売する。 ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

s