国内外ニュース

暮らし・話題

鳥取・境港「妖怪検定」受け付け

 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家、故水木しげるさんの出身地、鳥取県境港市の境港商工会議所などは13日、妖怪に関する知識を試す「第12回境港妖怪検定」の受け付けを始めた。申し込みはインターネットか郵送で、9月30日締め切り。 多数の妖怪ブ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

コウノトリ、全国に飛来

 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)は12日、秋田県仙北市に国の特別天然記念物コウノトリ1羽が飛来したと明らかにした。2005年に同園が放鳥を始めて以来、野生への復帰が進み、全都道府県で確認されたことになる。 同園によると、このコウノ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

原発事故後初めて田植踊を奉納

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が3月末に解除された福島県浪江町請戸地区の神社で12日、江戸時代から続く伝統芸能「請戸の田植踊」が事故後初めて奉納された。太鼓と歌が響く中、6人の踊り子が鮮やかな着物姿で豊作祈願の舞いを披露した。 事故前...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

間寛平さん、復興マラソン出走

 東日本大震災からの復興を願い、タレントの間寛平さん(68)らが12日、福島、宮城、岩手3県を駅伝方式でつなぐ「みちのくマラソン」を始めた。第1走者の寛平さんは、東京電力福島第1原発事故の避難指示が4月に一部で解除された福島県富岡町で「(被災地に)勇気と...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

パンダ、すくすく育って2カ月

 東京・上野動物園(台東区)のジャイアントパンダの雌の赤ちゃんは12日、誕生から2カ月を迎えた。わずか150グラム程度だった体重は2キロを超え、すくすく成長。名前には多くの応募が寄せられており、関心は高い。同園の担当者は「今後も元気に育つよう、万全の態勢...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

奉祝大祭がフィナーレ

 白山開山1300年を記念し、石川県白山市の白山比め神社で開催されている奉祝大祭が11日に最終日を迎え、「白山信仰」のある地域の伝統芸能が奉納された。山の日の11日は、多くの参拝客でにぎわった。 愛知県常滑市の有志団体「小鈴谷祭典部」は、地...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

立ち入り禁止の看板撤去、小豆島

 香川県土庄町(小豆島)の観光名所「エンジェルロード」に地権者の男性が立ち入り禁止の看板を立てた問題で、同町は11日までに、男性の合意を得て看板を撤去した。 エンジェルロードは干潮時に海から砂の道が現れて沖合の島と陸続きになり、「恋人の聖地...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

福島・好間高が初の日本一

 全国の高校生がダンスの日本一を競う「フラガールズ甲子園」が11日、福島県いわき市で開かれ、福島県立好間高が初の最優秀賞に輝いた。 東日本大震災と原発事故からの復興を願って2011年に初めて開催し、今年で7回目。11都県から昨年と同じ過去最...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

熱海に「別荘コンシェルジュ」

 全国有数の別荘地として知られる静岡県熱海市は、別荘所有者を対象に観光情報を提供したり相談に乗ったりする業務に専任の職員が当たる「別荘コンシェルジュ」を8月から始めた。滞在日数を増やしてもらい地域経済の活性化につなげる狙いで、市によると、自治体が取り組む...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

震災かさ上げ地で郷土芸能

 東日本大震災で大きな被害が出た岩手県大船渡市中心部のかさ上げ地で11日、郷土芸能で新しい町づくりを盛り上げようと、三陸やアジアの伝統舞踊を紹介する「三陸国際芸術祭」が開かれた。 津波で流された土地をかさ上げし4月に開業した大型商業施設の広...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

s