国内外ニュース

暮らし・話題

ライチョウひな2羽死ぬ

 栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は17日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」のひな4羽のうち2羽が死んだと発表した。原因を詳しく調べるため、外部の研究機関に調査を依頼する。 園によると、2羽は今月...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

祇園祭、ハイライトの山鉾巡行

 京都・祇園祭は17日、ハイライトとなる前祭の「山鉾巡行」が行われ、豪華な装飾品で彩られた「動く美術館」とも呼ばれる山鉾23基が都大路を優雅に進んだ。 午前9時ごろ、祇園ばやしが始まり、「エンヤラヤー」の掛け声を合図に、先頭の長刀鉾が出発。...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

秋田のチーム雪辱で初優勝

 選手9人の合計年齢が500歳以上のチームが対戦する「第2回全国500歳野球大会」は16日、秋田県大仙市で準決勝、決勝が行われ、秋田市の牛島クラブが初優勝して閉幕した。昨年と同一カードとなった決勝は一進一退の好ゲーム。牛島クラブが前回覇者の横浜シニアクラ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

山形でカブトムシの相撲大会

 土俵に見立てた木の枝でカブトムシを闘わせる「全国かぶと虫相撲大会」が16日、山形県中山町で開催された。小学生ら約400人が、自ら持ち寄るなどした小さな力士に「いけ、頑張れ」と暑さを吹き飛ばす大きな声援を送った。 垂直に立てた長さ約1メート...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

長門市、古式捕鯨を勇ましく再現

 江戸時代から明治時代にかけて捕鯨基地として栄えた山口県長門市の通地区で15日、「通くじら祭り」が開かれた。勢子船に乗り込んだ赤いふんどし姿の男たちが勇壮に古式捕鯨を再現した。 「クジラが来たぞー」。子どもたちの掛け声で、計約35人の男たち...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

作家の石牟礼さんの思い出語る

 水俣病を題材にした著作で知られ、2月に90歳で亡くなった作家石牟礼道子さん原作の新作能「沖宮」を巡り、熊本市で14日、追悼シンポジウムが開かれた。生前にゆかりのあった人たちが登壇し、石牟礼さんとの思い出や、遺作となった作品を語り合った。 ...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

祇園祭・宵山期間始まる

 京都・祇園祭は14日、前半の見せ場、前祭の「山鉾巡行」を3日後に控え、「宵々々山」を迎えた。市中心部には見事な装飾品で彩られた山鉾23基が並び、「コンチキチン」の祇園ばやしが古都の夏を盛り上げた。宵山期間は16日まで。 山鉾の一つ「山伏山...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

秋田、「親父たちの甲子園」開幕

 選手9人の合計年齢が500歳以上のチームが対戦する「全国500歳野球大会」が14日、秋田県大仙市で開幕した。「親父たちの甲子園」とも呼ばれ、今年で2回目。12都県から32チームが参加し、トーナメント方式で試合を行い、16日の決勝を目指す。...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

戊辰戦争、両軍の犠牲者を慰霊

 1868年の戊辰戦争で、会津藩や、東北諸藩などから成る奥羽越列藩同盟と、長州藩などの新政府軍が激しく戦った「白河口の戦い」の犠牲者を弔おうと、戦場となった現在の福島県白河市で14日、両軍ゆかりの山口県萩市や鹿児島市などから首長らが出席し、合同慰霊祭が開...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

水木しげるロード、25年で新装

 鳥取県境港市出身の漫画家、故水木しげるさんの名を冠した同市の「水木しげるロード」がオープン25年を機に新装し、記念のパレードや式典が14日にあった。水木さんの妻武良布枝さん(86)が、ほほ笑む水木さんの写真を抱いて出席した。 パレードに先...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

s