国内外ニュース

暮らし・話題

日本史Aに妖怪ウォッチ

 14日の大学入試センター試験では、日本史Aの問題に人気アニメ「妖怪ウォッチ」のキャラクターが登場した。 妖怪ウォッチの「ロボニャン」「ムダヅカイ」と、漫画家の水木しげるさんが描いた「新ぬりかべ」「新ぬらりひょん」の四つの妖怪の説明をイラス...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

ありがとう、オバマ大統領

 福井県小浜市の住民らでつくる「オバマを勝手に応援する会」は14日、米大統領の退任に伴い「ありがとうオバマ大統領」と題するイベントを開いた。これまでの活動をまとめた映像を流し、大統領就任から名前を共有してきた8年間を振り返った。 イベントに...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

原発事故で休校、最後の交流試合

 東京電力福島第1原発事故の影響で3月末に休校する福島県立富岡高の女子サッカー部(同県富岡町)が14日、なでしこリーグに所属していた東京電力女子サッカー部マリーゼ(原発事故後に活動休止)の元選手と同県広野町で最後の交流試合をした。 富岡高女...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

四天王寺で裸祭り「どやどや」

 紅白のふんどし姿の若者らが魔よけの護符を奪い合う裸祭り「どやどや」が14日、大阪市天王寺区の四天王寺で開かれた。天下太平や五穀豊穣を願う年頭行事で、境内は熱気に包まれた。 風が強い寒空の下、鉢巻きをした地元の男子高校生ら約600人が参加。...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

介護報酬1・14%引き上げ

 厚生労働省は13日、介護職員の給与を月平均1万円増やすため、介護保険サービス事業者に支払う介護報酬を4月に臨時改定し、1・14%引き上げる方針を決めた。 介護報酬は利用者の自己負担(1~2割)、保険料、税金で賄われている。今回の改定は利用...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

スマホあるだけで気が散る

 メールやメッセージの通知がつい気になってしまう携帯電話やスマートフォン。画面を見て操作していなくても、端末がそばにあるだけで注意が損なわれ、認識や判断が遅くなるとの実験結果を、北海道大学の河原純一郎特任准教授(認知心理学)らが14日までに発表した。[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

再開初日、来園者8千人超

 高病原性鳥インフルエンザ(H5N6型)の発生で休園した動物園エリアの営業を、約1カ月ぶりに再開した名古屋市の東山動植物園は13日、再開初日の来園者数が8267人だったと明らかにした。同日は無料開放していて、昨年1月の平日の1日当たりの来園者数と比べ約3...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

出張費水増し、不適切使用

 厚生労働省は13日、社会・援護局の課長補佐が太平洋戦争の遺骨収集に関する調査で米国に出張した際、水増しした領収書を業者に作らせ、約8千ドル(90万円相当)をホテル代の補填や昼食代などに充てていたとして、停職12カ月の懲戒処分にした。 同様...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

四国走る新観光列車公開

 JR四国は13日、地元食材を味わいながら徳島県・吉野川沿いの渓谷の風景などが楽しめる新型観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の車両を、同社の多度津工場(香川県多度津町)で報道陣に公開した。車両ごとに外装の色を変えることで、新緑や紅葉など季節の風景の移...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

最高齢ツシマヤマネコ死ぬ

 福岡市動物園は13日、国の天然記念物で飼育していた雌のツシマヤマネコ「ふみ」(推定20歳)が死んだと発表した。人間なら100歳を超え、国内で飼育されているツシマヤマネコでは最高齢。 動物園によると、ふみは野生で生まれ、1999年2月に長崎...[記事全文

カテゴリー:暮らし・話題

s