国内外ニュース

社会

長崎市の被爆者3万人切る

 長崎市は15日、市内在住の被爆者が3月末で2万9064人となり、初めて3万人を切ったと明らかにした。平均年齢は81・67歳で前年同期と比べ0・66歳上昇した。被爆者健康手帳を持つ市民の数は、1974年度末の8万3289人をピークに、他界などによる減少が...[記事全文

カテゴリー:社会

京大立て看板を再設置

 京都大は15日、京都市左京区の吉田キャンパス周辺から撤去し学内に保管していた立て看板が、14日深夜から15日未明にかけ学生らとみられる若者により無断で持ち出され、新たに設置されたものを含め18枚がキャンパス周辺の公道に面した場所などに置かれたと明らかに...[記事全文

カテゴリー:社会

F35、空自が三沢に2機目配備

 航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機1機が15日、青森県三沢市の三沢基地に到着した。1月に初配備された機体に続く2機目で、今月26日には5機が追加配備され、7機態勢になる。 空自によると、この日配備された機体は、愛知県の三菱重工業小牧...[記事全文

カテゴリー:社会

メディアで働く女性、団体設立

 前財務事務次官のセクハラ問題を受け、新聞やテレビ、出版などで働いたり、フリーランスでメディアに関わったりする女性が「セクハラを含む人権侵害をなくし、働きやすい社会を目指そう」と団体を設立。15日、厚生労働省で記者会見を開いた。 再発防止を...[記事全文

カテゴリー:社会

長崎の倉庫に58歳女性遺体

 長崎県警は15日、同県諫早市多良見町の倉庫で、同県大村市の無職松永千賀子さん(58)の白骨遺体が見つかったと明らかにした。女性の両親が2009年10月、県警へ行方不明者届を出していた。現場や遺体の状況などから県警は「自殺の可能性は低い」としており、死体...[記事全文

カテゴリー:社会

異常値確かめず削除も、厚労省

 厚生労働省の労働時間調査で異常値が相次いで見つかった問題で、厚生労働省が15日公表した一般労働者の労働時間データの精査結果は「統計としての正確性を担保する」ことを目的に、不適正なデータを削除して再集計することに重点を置いた。ただ、異常値があったかどうか...[記事全文

カテゴリー:社会

連続窃盗で二審も実刑、三重

 三重県四日市市の住宅に繰り返し忍び込み現金などを盗んだとして、住居侵入と窃盗の罪に問われた無職一丸貴人被告(33)の控訴審判決で、名古屋高裁は15日、懲役3年とした津地裁四日市支部判決を支持し、被告の控訴を棄却した。 一丸被告は2016年...[記事全文

カテゴリー:社会

自宅に血痕、殺害現場か

 三重県鈴鹿市の解体作業員横山麗輝さん(25)が殺害された事件で、横山さんの自宅に血痕があったことが15日、県警への取材で分かった。鈴鹿署捜査本部は、横山さんが自宅で殺害された後、遺体で発見された駐車場の車内に運ばれた可能性があるとみて調べている。[記事全文

カテゴリー:社会

防衛相「文民統制に支障なし」

 防衛省統合幕僚監部の3等空佐が、小西洋之参院議員に暴言を浴びせた問題を巡り、小西氏が15日の参院外交防衛委員会で「議会活動に影響が出ている」と追及したのに対し、小野寺五典防衛相は「私的な言動であり、国会による統制という文民統制の仕組みに支障を来すことは...[記事全文

カテゴリー:社会

テロ防止で民泊会社と連携

 2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都大田区内にある警視庁の5警察署と民泊運営会社「MDI」(東京)が15日、不審な宿泊者の情報などを共有し、テロ防止につなげることを目的とした覚書を締結した。警視庁によると、警察と民泊業者の覚書締結は全国...[記事全文

カテゴリー:社会

s