国内外ニュース

政治

防衛省、陸上イージス電波調査へ

 防衛省が、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地である秋田、山口両県で、レーダーの電波影響調査を3月末までに実施する方向で調整に入った。防衛省関係者が16日、明らかにした。イージス・アショアの電波による人体や環境への影響について地元か...[記事全文

カテゴリー:政治

日ロ首脳会談へ論点や進め方議論

 【モスクワ共同】日本、ロシア両政府は15日午前(日本時間同日午後)、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を巡り外務次官級協議をモスクワのロシア外務省で行い、安倍晋三首相とプーチン大統領の22日の首脳会談に向け論点や進め方を議論した。北方領土での共同経済活...[記事全文

カテゴリー:政治

竹田会長の国会招致を

 国民民主党の玉木雄一郎代表は15日、東京都内で開かれた会合で、2020年東京五輪招致を巡り贈賄容疑でフランス当局の捜査対象となった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長について国会招致が必要だとの認識を示した。国会での説明と記者会見に食い違いが...[記事全文

カテゴリー:政治

野田前首相ら新会派結成へ

 立憲民主党会派入りを見送った衆院会派「無所属の会」の野田佳彦前首相らが新会派を結成する方針を固め、16日に記者会見を開く見通しとなった。関係者が15日明らかにした。一方、立民は同日の常任幹事会で無所属の会の岡田克也代表ら9人と、国民民主党に離党届を提出...[記事全文

カテゴリー:政治

勤労統計問題で与野党が聴取

 賃金動向を把握する厚生労働省の「毎月勤労統計」の不適切調査を巡り、公明党は15日、一連の問題について政府から聴取する会合を開いた。高木美智代厚労部会長は「あってはならない事態が起き、政治、行政の信頼が失墜した。生活に大きな影響を与え、しっかりと責任が問...[記事全文

カテゴリー:政治

不適切調査、組織的な関与か

 「毎月勤労統計」の不適切調査問題で、厚生労働省が昨年6月に神奈川、愛知、大阪の3府県に抽出調査への切り替えを打診した際、担当部署の責任者である課長級の職員「政策統括官付参事官」名で文書を出していたことが15日、分かった。不適切調査が組織的に行われた可能...[記事全文

カテゴリー:政治

岡田克也氏ら10人が立民会派へ

 衆院会派「無所属の会」(13人)の岡田克也代表と大串博志幹事長は15日午前、国会内で立憲民主党の枝野幸男代表と会い、岡田氏自身らを含めた計9人の立民会派への入会届を提出した。一方、国民民主党の伊藤俊輔衆院議員(比例東京ブロック)は党本部に離党届を提出し...[記事全文

カテゴリー:政治

通常国会、28日召集へ

 政府、与党は通常国会の召集日を今月28日とする方針を固めた。安倍晋三首相の外交日程を踏まえた。関係者が15日、明らかにした。これにより夏の参院選は「7月4日公示―21日投開票」で調整する。国会会期の延長がなければ、公選法の規定で事実上決まる。[記事全文

カテゴリー:政治

共産、統一地方選の躍進へ結束

 共産党は15日午前、全国各地の委員長らが集まる全国都道府県・地区委員長会議を党本部で開いた。会議は16日まで。統一地方選と参院選が重なる「亥年選挙」に合わせた会議で12年ぶりの開催となる。志位和夫委員長は幹部会報告で「統一地方選の勝利は参院選での党躍進...[記事全文

カテゴリー:政治

北方領土、立場変わらずと菅氏

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、ロシアのラブロフ外相が北方領土はロシア主権下にあると認めることが平和条約交渉の前提だと語ったことについて「協議内容は対外的に明らかにしないことでロシア側と合意している」と述べるにとどめた。一方、北方領土は日本固有の領...[記事全文

カテゴリー:政治

s