国内外ニュース

政治

徹夜国会で残業代1600万円

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長は20日、国会内で記者会見し、7日から8日未明にかけて改正入管難民法などを成立させた「徹夜国会」に伴う衆院職員への残業代と帰宅タクシー代の総額が約1600万円に上ると明らかにした。参院分は集計中としている。 ...[記事全文

カテゴリー:政治

宜野湾市議会、投票予算案を否決

 沖縄県宜野湾市議会は20日、同市中心部にある米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う来年2月の県民投票に関する補正予算案を賛成少数で否決、松川正則市長が議決のやり直しを求めて再議となったが、再び否決した。松川市長は記者団に「議会の否決は重い。熟慮...[記事全文

カテゴリー:政治

外国人受け入れ、地域別状況公表

 外国人労働者の受け入れ問題を話し合う自民党の合同会議は20日、新たな在留資格を設けて受け入れを拡大する制度について、政府の基本方針など三つの案を了承した。会議で法務省は、外国人が都市部に集中するのを防ぐ取り組みとして、都道府県や地域、業種ごとの受け入れ...[記事全文

カテゴリー:政治

桜田氏「英語できず首相無理」

 桜田義孝五輪相は20日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて多言語サービスを推進する東京都内でのフォーラムであいさつし「私は英語ができないから首相を目指すことはやめます」と述べた。 安倍晋三首相が首脳会議の記念撮影の際、各国首脳と通...[記事全文

カテゴリー:政治

IWC脱退「各国に理解求める」

 政府は商業捕鯨の再開に向けて国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退方針を固めたことに関し、国際社会への説明に努める構えだ。外務省幹部は20日、国際機関からの異例の脱退を巡り「IWCは特殊な組織で、他の国際機関と一律には論じられない。各国に理解を求めていく」...[記事全文

カテゴリー:政治

政府、アイヌ支援の交付金創設へ

 政府は19日、アイヌ民族の支援政策を協議する「アイヌ政策推進会議」の会合を首相官邸で開いた。座長の菅義偉官房長官は、アイヌを支援するための新たな法案を来年の通常国会に提出する方針を表明した。政府側は、アイヌ文化の維持と地域振興に向けた新交付金制度の創設...[記事全文

カテゴリー:政治

希望、維新と統一会派了承

 希望の党の松沢成文代表は19日、参院での日本維新の会との統一会派結成について、党所属の国会議員全員から了承を得たと明らかにした。国会内で記者団に「国会活動を共にし、将来的には選挙協力なども進めていきたい」と述べた。 来年春の統一地方選で互...[記事全文

カテゴリー:政治

悪質業者排除へ新組織、国交省案

 改正入管難民法に基づく外国人労働者の受け入れ拡大を巡り、国土交通省がまとめた建設分野の運用方針案が19日、分かった。適切な労働環境の確保や悪質ブローカーの排除に向け、企業への人材紹介などの業務を担う新組織を建設業界が共同で設立するのが柱。受け入れ企業に...[記事全文

カテゴリー:政治

外相、徴用工「韓国の対応待つ」

 河野太郎外相は19日、日本記者クラブで記者会見し、日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決に関し「韓国政府が日韓関係の法的基盤を損なわないように対応してくれると思うので、それを待ちたい」と述べた。北方領土返還を含むロシアとの平和条約締結交渉を巡る質...[記事全文

カテゴリー:政治

防衛相、空母化は脅威にならない

 岩屋毅防衛相は19日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」型2隻を改修して戦闘機を運用する事実上の空母化について「他国の脅威になったり、不安を与えたりはしない」と述べた。「多機能、多用途に使っていく」として、政府見解で保有できないとする攻撃型空母には当たらない...[記事全文

カテゴリー:政治

s