国内外ニュース

政治

玉城氏「新基地造らせず」と明記

 沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)に立候補を表明している自由党衆院議員玉城デニー氏(58)は10日、那覇市内で記者会見し、公約を発表した。争点の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「新たな基地は造らせない」とし、阻止する考えを重...[記事全文

カテゴリー:政治

サマータイム、27日に初会合

 自民党の遠藤利明元五輪相は10日、夏場だけ国全体の時間を早めるサマータイム(夏時間)制度について議論する党の研究会の初会合を、27日に実施することを明らかにした。遠藤氏は「反対派も含め、丁寧に意見を聞いていく」と述べた。 サマータイムを巡...[記事全文

カテゴリー:政治

日ロ共同活動具体化へ行程表

 【ウラジオストク共同】安倍晋三首相は10日夜(日本時間同)、ロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と会談した。海産物養殖など5項目を対象とする北方領土での共同経済活動の実現に向けたロードマップ(行程表)で合意。日本が調査団を10月初めに現地に派遣する...[記事全文

カテゴリー:主要

セクハラ問題で町長が辞意、群馬

 飲み会での女性に対するセクハラ行為が問題になり、町議会から不信任決議を受けた群馬県みなかみ町の前田善成町長(51)は10日、町議会事務局長宛てに辞職願を提出した。群馬県庁で記者会見する。 前田氏は7月、セクハラ疑惑を巡る町政停滞などを理由...[記事全文

カテゴリー:政治

国民、11日に新執行部発足

 国民民主党は11日、両院議員総会を党本部で開き、玉木雄一郎代表を支える党役員人事を決定、新執行部を発足させる。来年の統一地方選や参院選に向け党の結束を改めて確認し、低支持率にあえぐ現状からの脱却を急ぐ考えだ。 国民民主党は5月に結党し、今...[記事全文

カテゴリー:政治

篠山市名の変更で住民投票確実に

 知名度が高い「丹波篠山市」に市名変更する方針が決まった兵庫県篠山市で、改名の賛否を問う住民投票を求めて署名活動していた市民団体「名付け親になろう会」が10日、投票実施に必要な数を大幅に上回る署名が集まったと発表した。団体側は、住民投票が確実になったとし...[記事全文

カテゴリー:政治

安倍首相、ロシア大統領今夕会談

 安倍晋三首相は10日午後、ロシアのプーチン大統領と会談するため、ロシア極東ウラジオストクに向け政府専用機で羽田空港を出発した。同日夕の会談で、北方領土での共同経済活動の事業化へ作業を加速させる方針を確認。経済分野の協力を通じて信頼関係を深め、北方領土問...[記事全文

カテゴリー:政治

自民、辺野古移設推進変わらず

 自民党は9日の沖縄県名護市議選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派が過半数を維持したものの「移設を推進する方針は変わらない」(幹部)としている。野党は「移設反対の声が根強くあることを表した」(福山哲郎立憲民主党幹事長)として、30日...[記事全文

カテゴリー:政治

反町長派多数、再不信任も

 セクハラ疑惑を巡る町政停滞などを理由に不信任決議を受けた前田善成町長(51)の議会解散に伴う群馬県みなかみ町議選が9日、投開票された。当選者18人のうち、町長に批判的とみられる人が過半数を占めた。多数を維持した反町長派は不信任決議案の再提出を検討中で、...[記事全文

カテゴリー:政治

辺野古移設反対派が過半数維持

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点の名護市議選(定数26)は9日投開票され、移設反対派が15人で、過半数を維持した。容認派や反対を明言していない候補らの当選は11人だった。反対派多数の結果は、翁長雄志知事の死去に伴う30日...[記事全文

カテゴリー:主要

s