国内外ニュース

科学・環境

原子炉建屋想定し高専生技術競う

 東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う「廃炉創造ロボコン」が16日、福島県楢葉町で開かれた。廃炉技術に興味を持ってもらおうと文部科学省などが主催し、今年で2回目。全国15の高専から16チームが参加し、最優...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

金井さん、17日宇宙へ

 【バイコヌール(カザフスタン)共同】ロシアのソユーズ宇宙船で17日に宇宙に向かう宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が16日、カザフスタンのバイコヌールのホテルで同乗する米ロの飛行士2人と共に記者会見し、「3人で訓練してきた。明日が特別な日ではなく、また3...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

沖縄、辺野古沖アオサンゴ別種か

 米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市辺野古に隣接する大浦湾のアオサンゴ群集が、県内の他海域の群集と遺伝的に大きく異なり、数万年以上前に分かれた別種の可能性があることが宮崎大のチームによる分析で16日、分かった。 安田仁奈・宮崎大准...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

「極めて残念」と電事連会長

 電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止めを命じた広島高裁の決定について「極めて残念だ」と述べた。他の原発でも同様の訴えが起こされていることを念頭に「(大手電力会社が)裁判上の対応を共...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

科学研究費が2年連続減、総務省

 総務省は15日、企業や大学などが2016年度に使った科学技術研究費の総額が18兆4326億円で前年度に比べ2・7%減ったと発表した。減少は2年連続。大手電機メーカーなどが事業見直しの一環で研究費を削ったことが影響したとみられ、総務省は「減少は一時的」と...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

金井さん搭乗のロケット設置

 【バイコヌール(カザフスタン)共同】国際宇宙ステーションに向かう宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が乗る予定のロシアのソユーズロケットが15日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地の発射台に設置された。打ち上げは日本時間17日午後4時21分の予定。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

割れてもくっつくガラス

 割れた破片を互いに押しつけると、断面が自然にくっついて修復する特殊なガラス素材を東京大の相田卓三教授のチームが開発し、14日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。相田教授は「割れても再利用できる初めてのガラス素材。ごみを減らして持続可能な社会に貢献で...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

岩手・一関でも鳥インフル陽性

 岩手県は14日、同県一関市で回収した野生のオオハクチョウの死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。15日に北海道大に検体を送り確定検査する。環境省によると、簡易検査での陽性反応は今季10例目で、島根県以外では初めて。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

はやぶさ2、来年エンジン噴射

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げから3年間で27億キロを順調に飛行し、目指す小惑星りゅうぐうまでの距離が600万キロを切ったと発表した。来年1月から6月上旬まで最終段階となるエンジン噴射を続け、6月下旬に上...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

共産県議、伊方原発の廃炉要請

 広島高裁が伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを認める決定をしたのを受け、田中克彦・愛媛県議=共産党=は14日、四国電力原子力本部(松山市)と県原子力安全対策課を訪れ、担当者に「高裁の画期的な判断だった。再稼働させず廃炉へ進めてほしい」と要請書...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s