国内外ニュース

科学・環境

温暖化巡りG7が議論、カナダ

 【ハリファクス(カナダ)共同】先進7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合が19日、カナダ東部ハリファクスで開幕した。日本からは中川雅治環境相が参加し、初日は温暖化対策が議題。3日間の日程で、深刻化する海のプラスチックごみ対策も協議する。[記事全文

カテゴリー:科学・環境

糸魚川北部にプレート境界なし

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)と名古屋大の研究チームは19日、新潟―静岡に延びる断層「糸魚川―静岡構造線」の北端部分は、ユーラシアプレート(岩板)と北米プレートの境界ではないとする調査結果を発表した。 日本列島周辺では、東日本大震災...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

火砕流などの範囲を迅速に予測

 国土交通省は19日、火山が想定と異なる火口から噴火した際、火砕流や溶岩流などの災害が起きる範囲を速やかに予測する仕組みを開発したと発表した。自治体に情報提供し、住民の避難誘導を支援する。 浅間山(群馬、長野)、富士山(山梨、静岡)、御嶽山...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

三菱重工、H2Aロケットを公開

 三菱重工業は19日、温室効果ガス観測衛星「いぶき2号」を打ち上げるH2Aロケット40号機の胴体部分を、愛知県飛島村の同社工場で報道陣に公開した。打ち上げは10月29日、鹿児島県の種子島宇宙センターで行う。 胴体は直径4メートルの円筒形で、...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

環境相、海のプラごみ対策連携を

 【ハリファクス(カナダ)共同】カナダ東部ハリファクスで先進7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合が始まるのを前に、中川雅治環境相が18日、現地入りし「海のプラスチックごみ対策で日本がリーダーシップを取れるよう、積極的な姿勢を表明してG7の連携を確か...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

中国、火星探査2回計画

 【北京共同】中国国家宇宙局幹部は18日、中国が2020年と28年ごろの2回にわたり火星探査を計画していると明らかにした。中国紙、新京報(電子版)などが伝えた。 同紙などによると、宇宙局幹部の李国平氏は北京で開催中の国際科学会議で中国の宇宙...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

追い込み漁で今季初捕獲、和歌山

 和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を実施し、今季初めてハナゴンドウ4頭を捕獲した。漁は約半年間続く予定。県警によると解禁以降、太地町で反捕鯨団体の目立った抗議活動は確認されていない。 町漁...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

トリチウム水で市民団体が見解

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含む水の処分を巡り、脱原発社会の実現を目指す市民団体「原子力市民委員会」(座長・大島堅一龍谷大教授)は18日、東京都内で記者会見し、海洋に放出せず10万トン規模の大型タンクで敷地内や敷...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

IAEAでプルトニウム削減強調

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の年次総会が17日、ウィーンで始まった。内閣府の松山政司特命担当相は演説で日本の原子力政策を説明、「プルサーマルを着実に実施、プルトニウムの利用および管理の透明性を高める」として、日本が大量に保有するプルトニウ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米、宇宙から地球の氷変化監視

 【サンフランシスコ共同】米航空宇宙局(NASA)は15日、宇宙から海氷や氷床などの変化を監視する人工衛星「ICESat(アイスサット)2」を、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地からデルタ2ロケットで打ち上げた。 この衛星は、レー...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s