国内外ニュース

科学・環境

国際生物学五輪で銀2銅2

 文部科学省は23日、イランで開かれた国際生物学オリンピックで、日本代表の高校生4人が銀メダル2個と銅メダル2個を獲得したと発表した。 銀メダルは筑波大付属駒場高(東京都)2年の石田廉さん(16)と、灘高(兵庫県)2年の鳥羽重孝さん(17)...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

NASA、コロナの謎解明へ

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は20日、太陽表面から噴き出し、100万度と極めて高温のコロナに初めて接触して調べる無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を、8月6日以降に打ち上げると発表した。 太陽は表面温度が6千度なのに...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

原発避難先3割が危険区域

 原発事故が起きた際に高齢者や障害者らが屋内退避する場所として原発から主に10キロ圏に整備されている17道府県の257の放射線防護施設のうち、3割近くの69施設が土砂災害警戒区域や浸水想定区域など危険な場所にあることが21日、内閣府への取材で分かった。原...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

「プルサーマル発電最大限導入」

 電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は20日の記者会見で、日本の核燃料サイクルを認める日米原子力協定が自動延長されたことに関連し「利用目的のないプルトニウムは持たないという大原則の下で、(通常の原発で燃やす)プルサーマル発電を最大限導入する」と述...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

倉敷は百年に1回の大雨

 西日本豪雨で大きな被害が出た岡山県倉敷市周辺の24時間当たりの最大雨量は約200ミリで、100年に1回程度の非常にまれな大雨だったとの分析を、防災科学技術研究所(茨城県)が20日までにまとめた。 6月28日~7月8日の総雨量を見ると、被害...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

ノーベル賞の大村氏記念館完成

 ノーベル医学生理学賞を2015年に受賞した大村智北里大特別栄誉教授(83)の功績をたたえるため、母校の山梨大が建設していた「大村智記念学術館」の完成を祝う式典が19日、甲府市で開かれた。山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長(55)との対談で、2人は曲折を...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

福島のロボット拠点が一部開所へ

 福島県は19日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興に向け整備しているロボット研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が20日に一部開所すると発表した。南相馬市と浪江町の約13キロにわたる空域で、小型無人機ドローンの長距離飛行試験が可能...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

九電玄海原発4号機が営業運転

 九州電力は19日、6月に約6年半ぶりに再稼働した玄海原発4号機(佐賀県玄海町)が原子力規制委員会の最終検査を終え、営業運転に復帰したと発表した。2015年の川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)、今年3月に再稼働した玄海3号機に続き、管内4基目の再稼...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

りゅうぐうに130mの大岩

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、小惑星りゅうぐうの上空20キロに滞在している探査機「はやぶさ2」の観測で、りゅうぐうの表面に大きさ130メートルの大岩を確認したと明らかにした。 JAXAによると、りゅうぐうの大きさは900メート...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

時差ぼけしないマウスはタフ

 周囲の環境と体内時計にずれが生じて不調を来す「時差ぼけ」をしないマウスは、長期間時差にさらされる環境に置かれても、死ぬ確率が低いことが分かったと、京都大の岡村均特任教授(時間生物学)らのチームが19日付のオンライン国際学術誌に発表した。 ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s