国内外ニュース

科学・環境

原発事故時の避難円滑化に補助金

 中川雅治原子力防災担当相は22日、閣議後の記者会見で、原発事故時の住民避難の円滑化に向け、原発周辺地域の避難経路の道路改修費などを補助するモデル事業として、福井、京都、愛媛の3府県の計4事業を選んだと発表した。本年度は計4億9千万円を交付する。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

放射線監視装置の撤去中止

 東京電力福島第1原発事故に伴い福島県内に設置された放射線監視装置(モニタリングポスト)の一部を撤去する国の計画を巡り、原子力規制庁が福島県西郷村で22日にも始める予定だった撤去作業を中止したことが、同庁や村への取材で分かった。20日の村議会で撤去の中止...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

新型原子炉、中国で初臨界

 【ワシントン共同】東芝子会社だった米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)は21日、同社が中国浙江省の三門原発に建設している新型原子炉「AP1000」が初臨界に達したと発表した。 AP1000は1990年代から開発が進められて...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

九電、放射性廃棄物の輸送開始へ

 九州電力は21日、玄海原発(佐賀県玄海町)で発生した低レベル放射性廃棄物に関し、青森県六ケ所村にある日本原燃の埋設施設への輸送を22日から開始すると発表した。この施設で昨年5月、廃棄物を詰めたドラム缶を埋設するクレーンに不具合が見つかったため、輸送を延...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

はやぶさ2から小惑星の最新画像

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、探査機はやぶさ2が接近途中に捉えた小惑星「りゅうぐう」の最新画像を公開した。中央部分が横に張り出して膨らんでおり、そろばんの玉のような形をしていることが分かった。 表面にはクレーターのようなくぼみ...[記事全文

カテゴリー:主要

東海第2原発の耐震実験を公開

 日本原子力発電は21日、再稼働を目指す東海第2原発(茨城県)の設備の耐震性を調べる実験を報道陣に公開した。実験では、実際に設備を揺らして状態を確認。一部にわずかな損傷が見つかったが、同行した原子力規制委員会の山中伸介委員は終了後の取材に「設備が壊れるよ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

2017年九州豪雨を解析

 昨年7月に起きた九州北部の豪雨で、福岡県朝倉市付近の上空に、湿った空気の流れが2方向から入り続けていたことが九州大大学院の川村隆一教授(気象学)らのチームによる分析で分かった。川村教授が21日、明らかにした。 関連死を含め40人の死者を出...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

民間ロケット30日に再挑戦

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は21日、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機を30日に同町の実験場から打ち上げると発表した。4月末に打ち上げる予定だったが、機体の不具合で見送っていた。 昨年7月に発射...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

世界初の「木のお酒」できるかも

 国立研究機関の森林総合研究所(茨城県つくば市)は、シラカバなどの木を食用の酵母などで発酵させてアルコールを製造する技術を開発した。従来のような加熱や薬剤処理が要らず、樹木固有の豊かな香りが楽しめる。安全性が確認されれば、世界で初めて「木のお酒」が誕生す...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

北海道利尻島でヒグマ撮影

 106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩くヒグマ1頭を撮影していたことが19日、利尻町への取材で分かった。5月末に足跡が見つかってから、ヒグマの姿が捉えられるのは初めて。 町によると、足跡が見つ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s