国内外ニュース

科学・環境

ニホンカワウソの可能性低い

 環境省は12日、国内で38年ぶりにカワウソが確認された長崎県・対馬で8~9月に本格調査して採取したふんから、7月の前回調査に続き、雄のユーラシアカワウソのDNAを検出したと発表した。解析の結果、韓国やロシア・サハリンのカワウソと近縁であることが明確にな...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

金井宣茂さん、12月初飛行

 【ヒューストン共同】国際宇宙ステーションへの初飛行に向け、米テキサス州ヒューストンで訓練を続ける金井宣茂さん(40)が11日、記者会見し「医師として、宇宙での日常生活や体の変化を体験し、地上での医療に生かしたい」と抱負を語った。 金井さん...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

有人宇宙探査は得意技術で

 日本は、物資補給機など得意とする技術を生かして有人宇宙探査の国際計画に参加するべきだとする報告書を、文部科学省の小委員会が11日まとめた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が提案した日本人飛行士の月面着陸の構想は議論が先送りされ、飛行士の活動を具体的にど...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

気象庁、冬にもラニーニャ発生か

 気象庁は11日、エルニーニョ監視速報を発表した。南米ペルー沖の監視水域の海面水温が基準値より低くなっており、秋か冬の間に50%程度の確率で、異常気象の原因となるラニーニャ現象が発生すると予測している。 気象庁によると、ラニーニャ現象は、監...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

福島産「購入ためらう」が最少に

 消費者庁は11日、東京電力福島第1原発事故を受けた食品の放射性物質に関する10回目の意識調査の結果を発表した。購入をためらう産地として福島県を選んだ人は5176人中684人の13・2%と、15・0%だった今年2月の前回調査に続いて過去最少の割合となった...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

規制委、保安規定違反と判断

 原子力規制委員会は11日の定例会合で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県)のトラブルについて、保安規定違反に当たると判断した。工藤健二社長が出席、設備の総点検を優先し、運転開始に向けた審査への対応を中断する考えを伝達した。原燃は完成目標を201...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

国土地理院、地図の縮尺に誤り

 国土地理院は11日までに、ネット上に公開している地殻変動に関する地図で、縮尺を示す目盛りの長さに誤りがあったと発表した。国土地理院のほか、政府の地震調査研究推進本部や気象庁の資料に転用されたものを合わせ、誤りは2011年以降、数千点に及ぶ可能性があると...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米国、CO2規制政策を撤廃

 【ヒューストン共同】プルイット米環境保護局(EPA)長官は10日、温室効果ガス削減を目指してオバマ前政権が導入した規制「クリーン・パワー・プラン」を撤廃する文書に署名した。トランプ大統領が3月に見直しを指示していた。石炭などの化石燃料業界を後押しするた...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

JAXA「問題ないと信じる」

 性能データが改ざんされた神戸製鋼所のアルミ製品がH2Aロケットに使われていた問題で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、「(ロケットを製造した)三菱重工業から問題ないと判断したとの報告を受けた。それを信用している」と明らかにした。 ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米、温暖化規制撤廃へ

 【ワシントン共同】プルイット米環境保護局(EPA)長官は9日、オバマ前政権時代に温室効果ガス削減を目指して導入された規制「クリーン・パワー・プラン」を撤廃する文書に10日、署名することを明らかにした。AP通信が報じた。トランプ大統領が3月に見直しを指示...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s