国内外ニュース

科学・環境

火災はケーブル異常発熱か、新潟

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のトンネル内で起きた火災について、東電は1日、内部を通るケーブルの継ぎ目に過大な電流が流れるなどして異常に発熱し、火災になった可能性があると明らかにした。 東電によると、焼けたのは外部から7号機に電力を供給す...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

スカイツリー、時間が速く進む?

 高さ450メートルの東京スカイツリー展望台では、地上に比べてどれだけ時間が速く進むのか―。こんな実験を香取秀俊東京大教授らが1日までに始めた。アインシュタインの一般相対性理論によれば、重力が大きいところでは時間がゆっくり進む。160億年で1秒しか狂わな...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

試料カプセル、11日に地球へ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、小型回収カプセルを載せた無人補給機「こうのとり」7号機が8日に国際宇宙ステーションを出発すると発表した。カプセルに入れた実験試料を持ち帰る日本初の実験。地球への帰還は11日ごろの予定。 10月に宇宙...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

柏崎原発のトンネルで火災

 1日午前6時半ごろ、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)にあるトンネル内で煙が出ていると119番があった。東電によると、放射性物質の外部への漏えいはなく、けが人もいないとしている。ケーブルの一部に焼け跡があったことから、消防は火災と判断、東電と原因を調べる。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

日本版GPS本格運用

 日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う人工衛星「みちびき」の本格運用が1日、始まった。カーナビやスマートフォンなどに広く利用されている米国のGPS衛星の信号を補い、位置情報の誤差を小さくする効果がある。 みちびきは1~4号機まであり...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

原子力損害賠償法改正案を提出へ

 政府は31日、原子力損害賠償制度の見直しに関する副大臣会議を開き、現行最大1200億円となっている事故前に備える賠償金(賠償措置額)を据え置いた原子力損害賠償法の改正案を近く閣議決定し、臨時国会に提出する方針を確認した。 副大臣会議では、...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米版はやぶさ、目的地画像を公開

 米航空宇宙局(NASA)は31日、小惑星からの試料回収を目指す無人探査機「オシリス・レックス」が、目的の天体「ベンヌ」を捉えた画像を公開した。はやぶさ2が来年1月にも着陸する小惑星「りゅうぐう」とそっくりなそろばん玉のような形をしていることが分かった。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

原子力規制委提出資料で誤記

 日本原燃の工藤健二社長は31日の記者会見で、プルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)を燃料に加工する工場(青森県)の稼働に向けた審査を巡り、原子力規制委員会に提出した資料に誤記や不正確な説明があり、見直し作業が必要になったと発表した。 ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

水戸と千葉6市が避難協定

 日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)で重大事故が起きた場合に、半径30キロ圏内にある水戸市からの避難者を千葉県の柏市など6市で受け入れる自治体間の協定が31日、柏市で結ばれた。水戸市民約27万人のうち約4万3千人を千葉県側に避難させる計画。[記事全文

カテゴリー:科学・環境

超大型望遠鏡建設再開へ、ハワイ

 【ワシントン共同】日本を含む国際チームが米ハワイ島マウナケア山頂付近に計画している超大型望遠鏡TMTについて、ハワイ州最高裁は30日、反対する地元住民らの訴えを退け、建設を認める決定を出した。2014年の着工後、住民らの抗議で中断していた建設が再開する...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s