国内外ニュース

科学・環境

南海トラフ地震、確率微増

 政府の地震調査委員会は9日、東海沖から九州沖に延びる南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が30年以内に発生する確率が昨年よりわずかに上がり、今年1月1日時点で「70~80%」になったとの評価を発表した。 想定した地震が起...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

鹿児島沖地下マグマだまり成長か

 神戸大海洋底探査センターは9日、鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」にある溶岩ドーム地下のマグマだまりが、次の噴火に向け、成長している可能性があることが分かったと明らかにした。ドームは、鬼界カルデラで約7300年前にあった超巨大噴火の後に発生...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米の有翼船、20年宇宙へ

 【ワシントン共同】米宇宙ベンチャーのシエラネバダコーポレーション(SNC)は8日までに、開発中の宇宙船「ドリームチェイサー」で2020年後半に国際宇宙ステーションへ物資を運ぶ認可を米航空宇宙局(NASA)から得たと発表した。スペースシャトルのような翼が...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

金井さん15日に船外活動

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は8日、国際宇宙ステーションに滞在中の飛行士、金井宣茂さん(41)が、15日に宇宙空間に出て船外活動を実施すると発表した。当初は1月29日の予定だったが、準備作業の遅れから延期されていた。 米国製...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

規制委、情報公開の原則から逸脱

 原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら、2015年9月以降の約2年半、全ての開示文書の掲載を怠っていたことが8日、分かった。未掲載の大半は、規制委の前身組織で、東...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

浜岡原発、図面と異なり配管接続

 中部電力浜岡原発(静岡県)の「廃棄物減容処理装置建屋」の地下2階と地上2階で、排水口周辺に放射性物質を含む樹脂が見つかった問題で、中部電は8日、2カ所の排水口が現場の図面と異なり、配管でつながっていたと発表した。配管内の3カ所で同様の樹脂が堆積している...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

コウノトリ3年連続産卵か、徳島

 徳島県や同県鳴門市などでつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は8日、鳴門市で国の特別天然記念物コウノトリが産卵したとみられると明らかにした。同一のペアによる産卵は3年連続で、巣は同じ電柱の上。昨年はヒナ3羽が誕生し、巣立った。 協議会はペア...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

戦没者遺骨、歯の元素で識別へ

 太平洋戦争の戦没者遺骨収集を進める厚生労働省は8日、フィリピンで収集した遺骨に現地人の骨が混入していた問題に対処するため、歯や骨に残る元素の比率を解析し、育った環境や地域を識別できる安定同位体比検査を導入する研究費として、来年度予算に500万円を計上す...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

希少サンゴ移植を追加申請へ

 防衛省沖縄防衛局(沖縄県嘉手納町)は8日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域で昨年11月に見つかった希少サンゴ10群体のうち9群体について、移植に必要な特別採捕許可を近く県に追加申請する方針を示した。1群体については1...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

北海道電力泊原発、厳冬期に訓練

 北海道は8日、北海道電力泊原発(泊村)で、暴風雪時に重大事故が発生したとの想定で原子力防災訓練を実施した。北海道で厳冬期に半径30キロ圏内の住民が避難する訓練は初。 数年に1度の猛吹雪の中、黒松内町の断層を震源とする震度6強の地震が発生し...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s