国内外ニュース

科学・環境

米、民間の有人宇宙飛行19年に

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は2日、2018年中にも行うとしていたスペースXとボーイングの民間2社による初の有人宇宙飛行を、それぞれ19年4月と同年中ごろに延期すると発表した。両社の宇宙船は開発の遅れが指摘されていた。 NA...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米政権、排ガス規制緩和を提案

 【ワシントン、ロサンゼルス共同】米運輸省と環境保護局(EPA)は2日、自動車の排ガス規制を緩和する方向で見直すと提案した。今後意見を募るが、西部カリフォルニア州のブラウン知事は「米国民の健康への攻撃だ」と激しく反発、ロサンゼルスやニューヨークなどの市長...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

野辺山観測所、共同利用中止へ

 国立天文台の野辺山宇宙電波観測所(長野県南牧村)が財政難となり、来年6月以降は外部研究者による共同利用研究を中止する可能性が高いことが2日、同観測所への取材で分かった。 国立天文台が運営する米ハワイの「すばる望遠鏡」など新型の大型望遠鏡に...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

鳥取県知事、審査申請を正式容認

 建設がほぼ完了した中国電力島根原発3号機(松江市)の新規稼働に必要な原子力規制委員会審査の申請について、原発30キロ圏に入る鳥取県の平井伸治知事は2日、県議会の全員協議会で、申請を認める考えを正式に表明した。 避難計画など住民の安全対策の...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

柏崎原発廃炉計画「社内で検討」

 東京電力の小早川智明社長は2日午後、柏崎刈羽原発が立地する新潟県柏崎市と刈羽村を訪れ、柏崎市の桜井雅浩市長が同原発6、7号機の再稼働の条件の一つとして求めている1~5号機の廃炉計画の提出について「社内で検討している」と述べた。小早川社長が5基の廃炉計画...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

りゅうぐうは乾いた星?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、探査機「はやぶさ2」が上空から観測している小惑星りゅうぐうについて、これまでに表面では水分が見つからず、当初の予測よりも乾いた星だとみられると明らかにした。 これまでに表面の90%以上を調べたが、水...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

東電、柏崎原発再稼働「理解を」

 東京電力の小早川智明社長は2日、柏崎刈羽原発が立地する新潟県を訪問し、6月の知事選で初当選した花角英世知事と初めて会談。同原発の再稼働に関し「安全最優先で行い、県民の理解を得るのが重要と考える」と述べ、地元の協力を求めた。 東電が経営再建...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

島根3号機申請、県了解へ

 建設がほぼ完了した島根原発3号機(松江市、出力137万3千キロワット)の新規稼働に必要な原子力規制委員会審査の申請に関し、中国電力から事前了解の申し入れを受けた島根県の溝口善兵衛知事が申請を了解する方針を固めたことが1日、分かった。2011年の東日本大...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

猛暑、観測衛星でくっきり

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、地球観測衛星「しきさい」が捉えた地表温度の画像を公開した。1日午前10時40分ごろの観測で、埼玉県熊谷市や京都市周辺では50度を超えるなど、大都市周辺の広い範囲で40度以上の高温となり、猛暑に見舞われている様子が...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

翼持つ宇宙船開発、27年に飛行

 宇宙ベンチャーのスペースウォーカー(東京)は1日、飛行機のような翼を持ち、地上と宇宙空間を繰り返し行き来する宇宙船を開発し、2027年に有人飛行に挑戦すると発表した。一般の人向けの宇宙旅行に使うことを想定している。 機体は米スペースシャト...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s