国内外ニュース

科学・環境

第1原発で外国人実習生が作業

 外国人技能実習生6人が、東京電力福島第1原発施設内で建設作業に従事していたことが1日、東電への取材で分かった。東電は昨年2月、関係省庁と協議の上、事故を起こした第1原発施設内で実習生を働かせないと発表、元請け企業に周知していた。東電は「就労の自主的なル...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

「天使」伝える海洋の危機

 「流氷の天使」の呼び名で知られるクリオネ。富山湾で昨年発見された新種が同湾以北の日本海の複数箇所でも見つかり、日本海で独自の進化を遂げた固有種と考えられることが北海道蘭越町などの研究者グループの調査で分かった。日本海の閉鎖的な環境が進化を促した形だが、...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

パリ協定ルール作り議論

 地球温暖化対策のパリ協定の詳細な実施ルールを事務レベルで協議する国連気候変動枠組み条約の会議が30日、ドイツ・ボンで開幕した。 2020年に始まるパリ協定のルール作りは、今年12月の同条約第24回締約国会議(COP24)が交渉期限。これま...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

豪、サンゴ礁保護に413億円

 【シドニー共同】オーストラリア政府は29日、北部沖にある世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」の保護活動に新たに5億豪ドル(約413億円)を投じると発表した。5月に発表する2018年度(18年7月~19年6月)予算案に盛り込むとみられ、グレートバリ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

民間ロケット打ち上げ延期

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は29日、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機の同日の打ち上げを延期したと発表した。機体に搭載した窒素ガスが漏れたため。改修して5月3日以降の打ち上げを目指す。 29日朝...[記事全文

カテゴリー:主要

民間ロケット打ち上げ延期

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は28日、同町の実験場で同日昼に予定していた自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)2号機の打ち上げを29日に延期すると発表した。順調なら午前5~8時に打ち上げる。 インターステラ社...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

民間ロケット、28日発射へ

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が28日、自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)2号機を町内の実験場から打ち上げる。昨年7月に発射した1号機が果たせなかった高度100キロ超の宇宙空間到達に挑む。到達すれば民間単独では日本初で、...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

JAXAロケット最小ギネス認定

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、2月に鹿児島県から打ち上げた電柱サイズのロケット「SS520」5号機が、人工衛星を軌道に投入した最小のロケットとして、ギネス世界記録に認定されたと発表した。 ロケットは全長約10メートル、直径約5...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

コウノトリ、2個の有精卵を確認

 福井県は27日、同県越前市の施設で飼育している国の特別天然記念物コウノトリが今月産んだ卵4個のうち、2個が有精卵だったと発表した。残る2個も有精卵の可能性が高いという。 2011年に兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)から借り受けてい...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

彗星表面、迫力の「動画」が話題

 【ワシントン共同】欧州宇宙機関(ESA)が26日までに公開した彗星表面近くの画像を、一般の宇宙ファンが組み合わせて迫力の動画に仕立て、インターネット上に発表し話題となっている。切り立った崖を背景に雪が吹き荒れているようにも見え、「(世界最高峰の)エベレ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s