国内外ニュース

科学・環境

猛暑、観測衛星でくっきり

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、地球観測衛星「しきさい」が捉えた地表温度の画像を公開した。1日午前10時40分ごろの観測で、埼玉県熊谷市や京都市周辺では50度を超えるなど、大都市周辺の広い範囲で40度以上の高温となり、猛暑に見舞われている様子が...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

翼持つ宇宙船開発、27年に飛行

 宇宙ベンチャーのスペースウォーカー(東京)は1日、飛行機のような翼を持ち、地上と宇宙空間を繰り返し行き来する宇宙船を開発し、2027年に有人飛行に挑戦すると発表した。一般の人向けの宇宙旅行に使うことを想定している。 機体は米スペースシャト...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

天然ウナギ、やはり大幅減

 絶滅が心配される天然のニホンウナギの個体数が、2003~16年の間に岡山県内で大幅に減ったとする野外調査結果を、中央大や東京大大気海洋研究所などの研究グループが1日までにまとめた。 ニホンウナギは全国の漁獲量が減少傾向にあることなどから絶...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

福島、避難区域で不法投棄の疑い

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となっている福島県大熊町で、被災家屋の解体工事で出た廃棄物が仮置き場に運ばれず、解体現場の地中に埋められた疑いがあることが1日、環境省への取材で分かった。福島県警は、放射性物質汚染対処特措法違反の疑いもあるとみて...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

人間型ロボットが相づちや質問

 話し相手に相づちを打ったり質問したりして、自然な対話ができる人間型ロボットを大阪大の石黒浩教授らのチームが開発し、日本科学未来館(東京都)で31日、報道陣に公開した。石黒さんは「人間らしい動きに近づいてきた」と話した。 人工知能(AI)を...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

日本実験棟きぼうで水漏れ

 【モスクワ共同】インタファクス通信は30日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」内で、温度調節システムの問題に伴う水漏れが発生し、宇宙飛行士の居住スペースに水が入り込んでいると報じた。宇宙開発の消息筋の情報として伝えた。 ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

低レベル埋設センターの増設了承

 青森県と同県六ケ所村は30日、同村にある日本原燃の低レベル放射性廃棄物埋設センターの増設計画を了承したと発表した。原燃は近く、原子力規制委員会に増設を申請し、2023年度の廃棄物受け入れ開始を目指す。 県によると、増設計画を検証した外部有...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

化学、物理五輪で9メダル

 文部科学省は30日、スロバキアとチェコでの国際化学オリンピックで日本代表の高校生4人が、ポルトガルでの国際物理オリンピックでは代表の高校生5人がメダル9個を獲得したと発表した。 化学五輪の金メダルは筑波大付属駒場高(東京)3年の石井敬直さ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

ドローンで光化学スモッグ解明

 光化学スモッグ注意報の発令日数が全国でも有数の埼玉県は30日、ドローンで大気中のオゾン濃度を調べ光化学スモッグ発生のメカニズムを解明する取り組みを実施した。県によると、ドローンによる調査は全国初。 光化学スモッグは窒素酸化物(NOX)など...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

金井さん宇宙滞在終え「心残り」

 国際宇宙ステーションでの滞在を終えて6月に地球へ帰還した宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が30日、東京都内で記者会見を開いた。「ステーションを去る時にはさみしいような、心残りな気持ちもした」と滞在生活を振り返った。 金井さんは昨年12月に...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s