国内外ニュース

科学・環境

中国、大気汚染の対策緩める

 【北京共同】中国が大気汚染の改善に向けて導入していた工場の生産停止などの規制を緩和している。景気減速に加え米国との貿易摩擦も過熱する中、「青空」を取り戻すよりも成長を優先させた。ただ規制緩和の結果、11月は前年同月に比べて大気汚染が悪化。指導部が掲げる...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

公立小中学校31%で太陽光発電

 文部科学省は4日、太陽光発電設備がある公立小中学校は、5月1日時点で全体の31・0%に当たる9022校だったと発表した。2015年度の前回調査から6・4ポイント増加した。風力発電なども含めた再生可能エネルギー設備を持つのは1万63校で、このうち停電時も...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

もんじゅ、冷却材の抜き取り開始

 日本原子力研究開発機構は4日、廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、冷却材の液体ナトリウムの抜き取り作業を始めたと発表した。対象は放射性物質を含まない2次系の約220トンで、年内に完了するとしている。 機構によると、原子炉...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

ソユーズ、宇宙ステーション到着

 【モスクワ共同】カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から3日に打ち上げられたロシアの宇宙船ソユーズが日本時間の4日未明、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングした。到着したロシア、カナダ、米国の宇宙飛行士3人と、6月からISSに滞在してきたロシア、米...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

原発事故、津波予測に甘さ

 【ロンドン共同】東京電力ホールディングスの広瀬直己副会長は3日、ロンドンで講演し、東電福島第1原発事故を巡り「(想定する)津波の高さの予測が明らかに低過ぎた」と認めた上で、発電所の停電対策として「非常用電源を建屋の上など高い場所に設置すべきだった」など...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

京都大が本庶氏基金設立

 京都大は3日、本庶佑特別教授(76)が今年のノーベル医学生理学賞に選ばれたことを記念し、「本庶佑有志基金」を設立したと発表した。「高い理想を持って研究者を目指す若手人材に対し、安定した地位と研究資金を提供できるような助成を行う」としている。[記事全文

カテゴリー:科学・環境

ロシア、ソユーズ打ち上げ成功

 【モスクワ共同】ロシアの宇宙船ソユーズの打ち上げが3日午後(日本時間同)、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で行われた。ロシア宇宙開発当局によると、ソユーズは打ち上げ10分以内に予定通り国際宇宙ステーション(ISS)に向かう軌道に乗り、打ち...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

COP24で国連事務総長が演説

 【カトウィツェ共同】ポーランド・カトウィツェで開催中の国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は3日、国連のグテレス事務総長が演説し「多くの国で地球温暖化が生活や命に関わる問題になっている。われわれの対策は不十分で遅すぎる」と強い危機感を...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

東芝、他原発の計算式を流用

 東北電力の東通原発(青森県)、東京電力の柏崎刈羽原発1号機(新潟県)、中部電力の浜岡原発4号機(静岡県)で緊急時に原子炉に冷却水を送る配管の耐震性の計算に誤りが見つかった問題で、電力3社は3日、原発メーカーの東芝が、他の原発で使った耐震性の計算式をそれ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

ロシア、有人宇宙飛行を再開

 【モスクワ共同】ロシアの宇宙船ソユーズの打ち上げが3日午後(日本時間同)、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で行われる。10月11日のソユーズ打ち上げ失敗以来の有人宇宙飛行再開で、米国、ロシア、カナダの宇宙飛行士3人が国際宇宙ステーション(...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s