国内外ニュース

科学・環境

ロ宇宙船、12月17日打ち上げ

 【モスクワ共同】ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスは3日までに、宇宙飛行士の金井宣茂さん(40)が搭乗するロシアの宇宙船ソユーズを12月17日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げると発表した。 ロシア通信によると、当初は12月...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

福島第1の廃炉作業現場を公開

 東京電力と資源エネルギー庁は3日、福島第1原発の廃炉作業現場を報道陣に公開した。廃炉に向けた中長期ロードマップ(工程表)の改定で、1、2号機のプールに残る使用済み核燃料の取り出し開始を3年先送りした理由について、同庁の木野正登廃炉・汚染水対策官は「作業...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

核ごみ調査立候補、1年以内にも

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分で、事業の実施主体である原子力発電環境整備機構(NUMO)の近藤駿介理事長が3日までに共同通信のインタビューに応じた。処分場建設地を選ぶ手続きの第1段階となる文献調査を「最低でも複数の自治体で行いた...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

熊本地震、大阪大が事実関係調査

 大阪大や京都大などのチームによる昨年4月の熊本地震の観測データが不自然で捏造の疑いが指摘されている問題で、主要メンバーが所属する大阪大は3日、事実関係を調査していると明らかにした。 林芳正文部科学相は同日の閣議後の記者会見で、大阪大に対し...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

伊方原発3号機、定期検査を開始

 四国電力は3日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)の発電を停止させ、昨年8月の再稼働後初めてとなる定期検査の本格的な作業に入った。停止の作業は順調に終了したとしている。 伊方3号機の運転停止により、稼働中の原発は九州電力...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

伊方3号機が定期検査入り

 四国電力は3日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)の定期検査に入った。原子炉等規制法に基づき、施設を点検する。伊方3号機の定検は昨年8月の再稼働後、初めて。 四国電によると、核分裂反応を抑える制御棒を原子炉内に入れて出力...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

北九州港でヒアリ200匹

 北九州市は2日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」約200匹を北九州港で確認したと発表した。全て働きアリで死んでいた。女王アリや卵は発見されず、繁殖の可能性は低いという。環境省によると、これまでにヒアリが見つかったのは11都府県で19例とされる。[記事全文

カテゴリー:科学・環境

学術会議の新会長に山極京大学長

 日本学術会議は2日、東京都内で総会を開き、新会長に山極寿一京都大学長を選んだ。任期は2日から2020年9月末まで。 学術会議は科学者を代表する国の特別な機関。今年3月、軍事応用も可能な基礎研究に助成する防衛省の公募制度について「研究への政...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

熊本地震でデータ捏造か

 昨年4月16日の熊本地震の本震で、大阪大や京都大のチームが熊本県益城町で観測したと主張していた特に強い揺れのデータに不自然な点があり、チームがデータの公開を中止したことが2日、分かった。関連する論文の撤回も検討している。捏造や改ざんの疑いがあり、文部科...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

水俣条約会議から坂本さん帰国

 スイス・ジュネーブで開かれた「水銀に関する水俣条約」第1回締約国会議に参加し、水銀被害撲滅を訴えた胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん(61)=熊本県水俣市=が1日、福岡空港に帰国した。地元で待つ同じ病を患う仲間に「『頑張ってきたよ』と伝えたい」と語った。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s