国内外ニュース

科学・環境

米ロが合同で金星探査計画

 【モスクワ共同】ロシア科学アカデミー宇宙調査研究所のコワレンコ研究員は9日、ロシアと米国が合同で金星探査をするためのロケット打ち上げを2026年に計画していると明らかにした。モスクワのシンポジウムでの発言をロシア通信が報じた。 金星の合同...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

調査船しんかい、ワンマン運航へ

 海洋研究開発機構は9日、3人乗り潜水調査船「しんかい6500」の操縦士(パイロット)を2人から1人に減らすことを決めた。従来は1人しか搭乗できなかった研究者を2人に増やす。今月半ばから福島、茨城県沖で始める海洋資源調査で初のワンマン運航を実施する。1回...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

原発汚染水問題で反対集会、韓国

 【ソウル共同】東京電力福島第1原発の汚染水を巡り、浄化処理後も放射性物質が残留する水の海洋放出に反対する韓国の環境保護団体メンバーらが8日、ソウルの日本大使館前で集会を開いた。「海には国境がない」と書いたプラカードを掲げ「原発の汚染水放出計画を中止せよ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

首相、本庶氏に直接祝意

 安倍晋三首相は7日、京都市内で開かれた国際会議の朝食会で、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった本庶佑京都大特別教授と同席し、直接祝意を伝えた。写真共有アプリ「インスタグラム」に談笑する写真を載せ「先日もお電話したが、直接お祝いを申し上げることができた。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

地表に最大5メートルのずれ

 国土地理院(茨城県つくば市)は6日までに、インドネシア・スラウェシ島で起きた地震で、地殻変動が約160キロの範囲に及び、地表が最大で南北方向に5メートルずれたことが人工衛星の観測で分かったと発表した。 地理院によると、大きな被害を受けた中...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

米探査機、近く太陽系の外へ

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は5日、1977年に打ち上げられた探査機「ボイジャー2号」が近く太陽系の外に出る見通しだと発表した。仲間の探査機「ボイジャー1号」は2012年に一足先に出ており、星間空間に旅立つ2個目の人工物となりそうだ。[記事全文

カテゴリー:科学・環境

「免疫力こそがん治す力」

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた本庶佑京都大特別教授(76)が5日、愛知県豊明市の藤田保健衛生大で学生らを前に受賞決定後初めて講演し、がんの治療法について「免疫力こそが最終的に治す力だ」と強調した上で、今後は自身の研究を基に発展した「免疫療法」の割合が増...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

土星の輪からメタンの雨

 【ワシントン共同】昨年9月、土星の大気に突入し燃え尽きた無人探査機「カッシーニ」の最後の5カ月間の観測データを基に、この大気には土星の輪からメタンやアンモニアなどの成分が雨のように降り注いでいるとの分析を、米航空宇宙局(NASA)などが5日付米科学誌サ...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

カブトムシの角作る遺伝子を特定

 カブトムシの角を形作るのに必要な11種類の遺伝子を基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)の新美輝幸教授(分子昆虫学)らの研究チームが特定し、4日付の米オンライン科学誌に発表した。昆虫の多様な角がどのように進化したのかを知る手掛かりになると期待される。...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

日本の生鮮品、宇宙飛行士に届く

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、無人補給機「こうのとり」7号機に搭載し9月に打ち上げた日本産の野菜や果物が、国際宇宙ステーションに滞在する飛行士に届いたと発表した。普段はレトルトやフリーズドライ食品が中心で、生鮮品が食べられることはまれ。米航空...[記事全文

カテゴリー:科学・環境

s