県内ニュース

主要

  • Check

「流れに乗り勝負」 28日東京マラソン 今井選手(南相馬出身)会見

 男子マラソンのリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた28日の東京マラソンを前に招待選手の記者会見が26日、東京都で開かれた。南相馬市出身の今井正人選手(31)=トヨタ自動車九州、原町高卒=は「古里の人に元気な走りを見せたい。力を出し切って結果につながればいい」と悲願の五輪出場へ決意を語った。
 昨年2月の東京マラソンは2時間7分39秒で日本人最高の7位に入った。今大会は終盤の走りを鍵に挙げ、「先頭集団にいる距離を伸ばしたい。残り7キロくらいでペースを上げて、流れに乗って勝負したい」との展開を思い描いた。
 髄膜炎を発症し、昨年8月の世界選手権を欠場。目標を五輪出場に切り替えた。約1カ月の入院を経て、練習を重ねてきた。「普段通りにやるという気持ちが強い。勝負どころで攻めの走りをしたい」と意気込んだ。
 病気で練習から遠ざかっていた時、家族や南相馬市の人の支えが力になったという。「いろいろと心配を掛けたのでスタートラインにしっかりと立ち、良い表情で走っているところを見てほしい」と快走を誓った。

カテゴリー:主要 , 福島のスポーツ

リオ五輪代表入りに向け決意を示す今井選手(中央)
リオ五輪代表入りに向け決意を示す今井選手(中央)

主要

>>一覧

福島のスポーツ

>>一覧