県内ニュース

主要

  • Check

社民県連 独自候補擁立を断念 参院選、比例獲得目標3万6000票

 社民党県連の臨時大会は27日、福島市の福島グリーンパレスで開かれ、夏の参院選に向けた闘争方針を決めた。独自候補の擁立を断念し、野党共闘で統一候補の擁立に全力を挙げる。
 比例代表については党本部が「250万票以上の獲得」との方針を決めたことを受け、県内獲得目標数を3万6千票に設定した。
 大会には県連関係者ら約110人が出席した。小川右善代表が「(参院選は)復興加速の観点からも大きな意味合いのある選挙となる。自治体選挙並みの総力戦で臨みたい」と協力を呼び掛けた。

カテゴリー:主要

参院選の闘争方針を決めた臨時大会
参院選の闘争方針を決めた臨時大会

主要

>>一覧