県内ニュース

主要

  • Check

富岡・夜の森の桜並木など100点 男鹿さん絵画展開幕 郡山

 画家男鹿和雄さんの作品展「第二楽章 男鹿和雄展-吉永小百合と語り継ぐ-」は27日、郡山市のビッグパレットふくしまで開幕した。3月21日まで。男鹿さんは、女優吉永小百合さんが東京電力福島第一原発事故の被災者の詩を朗読したCD・詩画集「第二楽章 福島への思い」の挿絵を担当した。
 会場には約百点が並ぶ。富岡町の夜の森地区の桜並木や川沿いの風景などが温かみのある色彩で描かれている。初日は男鹿さんのサイン会を催し、来場者は詩画集を買い求めて列をつくった。折り紙の絵柄を描いて折り鶴を作るワークショップも開いた。男鹿さんは「多くの人に絵を見てもらい、復興へ向かうきっかけになればうれしい」と話している。
 開館時間は平日は午前11時から午後5時まで、土、日曜、祝日は午前9時から午後5時まで。観覧料は一般800円、高校生以下400円、未就学児は無料。問い合わせは郡山青年会議所(JC) 電話024(932)2289へ。
 作品展は郡山JCの主催で創立55周年の記念事業として開いた。スタジオジブリなどが協力した。


カテゴリー:主要

詩画集などにサインする男鹿さん(左)
詩画集などにサインする男鹿さん(左)

主要

>>一覧