県内ニュース

主要

  • Check

復興の味 相馬のイチゴ 親子20組遠足楽しむ

 JA福島五連と福島民報社主催の「おやこ遠足 ふくしまパクパクバスツアー」は28日、相馬市で催され、親子がイチゴ狩りなどを楽しんだ。
 県産農産物のおいしさ情報発信事業の一環。中通り、浜通りから親子20組40人が参加した。和田観光苺組合のイチゴ園で岩本孝組合長から津波被害を乗り越え再開した経緯などを聞き、イチゴ狩りを行った。須賀川市から訪れた阿部菜々音さん(10)は「甘くておいしい」と大喜びだった。この後、園内の施設でバーベキューを繰り広げ、相馬牛や県産の豚肉、野菜などを味わった。
 JAそうま農産物直売所「ふれあい旬のひろば」、市伝承鎮魂祈念館、相馬双葉漁協の施設を見学し復興の歩みを感じ取っていた。
 東京都市大工学部原子力研究所の岡田往子准教授による放射線についての講話も聴いた。参加者には相馬産のコメなどが贈られた。

カテゴリー:主要

おいしそうにイチゴを頬張る参加者
おいしそうにイチゴを頬張る参加者

主要

>>一覧